1. まとめトップ

一人が寂しい・癒されたい人必見!!その悩みサボテンに任せろ!

他の植物とは一味違うサボテン!ってことでサボテンの魅力や育て方についてまとめました☆

更新日: 2014年09月15日

4 お気に入り 10057 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aaattuyaさん

癒されること間違いなし!~多肉植物人気No1のサボテン~

サボテンの可愛らしい姿を見ているだけでも「心が和む」「癒される」と感じる方は、大変多いです。また、サボテンに咲く美しい花やフォルムの美しさに魅了されるファンも少なくありません。現在、世界中には多くのサボテン愛好家・園芸家が存在しています

球根や種から育てる植物とは違い、多肉植物はユニークな形と、ひとつひとつの愛らしい表情が一番の魅力と言えます。特にサボテンは、同じ種類の植物でもそれぞれに個性を持っており「育てている喜びが大きな植物」と言えるでしょう。

咲かせられるか?~サボテンの花を咲かすには~

トゲトゲの姿からは想像しがたいですが、普通の植物と何ら変わらない、むしろとっても可愛らしい花を 咲かせてくれるのです。

そして花言葉もいろいろあります。

燃える心
内気な乙女
秘めた熱情
尊敬
風刺
枯れない愛

いくつかあります。"枯れない愛"という花言葉にちなんで、ウェディングのプチギフトなどでも 利用されているようです。

1年で1回しか咲かないわけではなく、栄養状態や植物 の体力によっては何度か咲くのですが、いずれにせよ数は少なく、あれだけの花を咲かせる為に体力 を温存しているかと思うととても健気ですよね。

ちなみにサボテンは全てに花が咲きます。
全く咲かないようなイメージもあるかもしれませんが、 どのサボテンも花を咲かせるのです。

家庭で育てるという意味では 難しい物もあります。例えば開花する大きさに育つまで30年~50年かかるものだったり、2m以上 に育たないと花をつけないものもありますので、こういったものは現実的では無いでしょう。 また、原産地の厳しい環境で無いと花をつけないものもあります。容赦ない日差しを受け、雨の 降らない乾燥した環境、昼夜の寒暖の差が大変大きいなど、これらの状況にあってはじめて花を つけるものもありますので、こういったものは環境を再現しない限り難しいです。

じゃあ、どうすれば花が咲きやすくなるのか?

◎日光に充分当ててやる

元々砂漠地帯で育っていた植物ですので、お日さまを好みます。ただ、大抵皆さんが手にされる サボテンは日本生まれの日本育ちですので、強すぎる日光が苦手だったり、当て方にひと工夫が 必要な場合もあります。

◎休眠期を作ってあげる

サボテンには1年を通して休眠期という、イメージとして は動物の冬眠にあたる時期があります。この頃のサボテンはほとんど眠った状態になりますので、 例えば水はほっとんどあげません。砂漠のような場所では雨の全く降らない暑さの厳しい時期は 生命活動を休め、雨季になるといっせいに水分を補給して生長する、というサイクルがあるよう で、こういった自然環境に近い状況を作ってあげることがポイントです。

ご家庭で栽培する場合は 特に寒い冬時期はお部屋(暖かすぎてはNG、ある程度の寒さも必要)に置いて水やりを控え休眠期と し、春や秋などの気温も日差しもちょうど良い時期はたっぷりとお水をあげて生長期とすると元気 にすくすく育ってくれると思います。

また、ポイントとしては挙げていませんが、1年に1回を目安に植替えを行ないましょう。
1年もすると鉢の中で根が伸びきってその後の生長に支障をきたすこともあります。花を咲かせる ことももちろんですが、元気に育てるためにも是非植替えてあげてください。

サボテンの象徴!~トゲの役割とは~

サボテンのトゲに関しては諸説あります。

サボテンが生えているのは砂漠や荒地など雨が少ない場所。
そのような環境で、できるだけ水分を蒸散させないように、
葉の面積が極めて小さくなっているのである。
他の動物に食べられるのを防ぐ効果もある。
さらに、茎を太くし、多くの水分を貯められるようになって
おり、根を浅く広く張り巡らし、できるだけ地表から水分を
吸収しやすくなっている。

空気中から水分を取る機能も備わっています。その詳しい仕組みは解明されていないのですが、静電気に帯電した空気中の水分子が、トゲの先端に電気的に吸着されるのです。サボテンのトゲがこの機能を備えているおかげで、朝夕に霧が発生する地域であれば、サボテンは雨が降らなくても生き続けることができるのです。

サボテンのトゲですが、これは葉が変形したモノといわれています。このトゲは、外敵から守る意味もありますが、トゲが冷却装置の役目を担っていて、強い日差しを散乱させ、表面温度を下げるのに非常に役立っています。このトゲを全部とってしまうと、サボテンの表面温度は10℃も上がってしまいます。

枯らしやすい人も安心!~水やりの少なさ~

1 2