1. まとめトップ

競技種目はアイロンがけ?究極の珍スポーツ!

世界にはいろんなスポーツがありますが、なかでもこれは特にエクストリーム!山の斜面、水中、空中、スキーやマラソン中など、さまざまな場所でアイロンがけにトライ。アイロンがけをスポーツにしてしまった、熱いドラマがここにある!

更新日: 2014年09月16日

usahoppeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 2918 view
お気に入り追加

エクストリームアイロニングって・・・?

エクストリームアイロニングはイギリス発祥のスポーツ。

人里離れた場所でアイロン台を広げて服にアイロンを掛けるエクストリームスポーツである。
このスポーツのプレイヤーはアイロニスト(ironist)と呼ばれる。

世界大会も開催されており、第一回大会には10ヶ国の参加者が集まるなど人気が広まっている。

競技を行なう場所としては、
難易度の高いクライミングを伴う山の斜面や、森、カヌーの上、スキーやスノーボードの最中、大きな銅像の頂上、大通りの真ん中など場所は問わない。

スキューバ・ダイビングをしながら行ったり、パラシュート降下中に行ったり、
湖の氷上でも行われた。

「極限状態の場所で平然とアイロン台を出し、涼しい顔でアイロンがけを行う」事が基本原則であり、

「衣服のシワを伸ばす」という本来のアイロンがけの目的は重要視されない。

場所がすごすぎです

こんなところで・・・

こんなところでも!

エクストリームアイロニングのルール

世界大会ルールは
きちんとシワが伸ばせているかという技術点、
いかに独創的なスタイルでアイロンがけをしたかという芸術点、
そしてタイム。

素早く、きちんとシワが伸ばせていることはアイロニストにとっては当たり前。
いかにエクストリームなアイロンがけが出来るかが魅せどころ。

5つのアイロン掛けポイント

フリースタイル(自由演技)
アーバンスタイル(街でのアイロン掛け)
ロッキースタイル(ロッククライミング時でのアイロン掛け)
フォレストスタイル(森でのアイロン掛け)
ウォータースタイル(川でのアイロン掛け)

エクストリームアイロニングのテクニック

ジャンプテクニック。
ビジュアル面はいいが、これでしっかりアイロンがかかっているとは思えない。
瞬間的にきれいにアイロンをかけなければならない。

水上でのアイロンテクニック。
このスポーツの中では世界屈指レベルで、
ビジュアル、技術共に高いと思われる。
アイロン台をいかに固定できるかがポイント。

エクストリームアイロニングの世界記録

・高度世界記録
南アフリカのY字の星”(South African Ysterによるキリマンジャロの頂上(5859m)でのアイロン掛けだったが、現在はアイロン男・カリック”(Iron Man Carrick)によるアルゼンチン・アコンカグアの頂上(6959m)。

・水中の多人数エクストリーム・アイロン掛け記録
ニュージーランドのチームが世界記録を保持していたが、オーストラリアのスキューバダイビングチームが43人同時アイロン掛けに成功したことで新世界記録保持チームに。
※現在ニュージーランドチームが新記録への挑戦中らしいです。

・フルマラソン記録
ロンドンマラソンにてクリース・ライトニンがアイロン道具を全て装着し、途中で服にアイロンを掛けながらフルマラソンを4時間8分で走破。

出典sportsbegin.net

ちなみに2003年に行われたロウェンタ杯は、
南アフリカのウォルフバーグ・クラック(Wolfberg Cracks)にある、
高さ30Mの峡谷の上でアイロン掛けを行ったグループが優勝。
この人達、峡谷上に渡したロープにぶら下がりながらのアイロニング。

ストリートパフォーマンス中に

こんなところでも汗

アイロンがけは大切ですよね

それより大丈夫ですか・・?

このスピードでアイロンがけ!

1 2





usahoppeさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう