1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

内村航平との子離れ決意!?母・周子、現役復帰で50代1位!

体操男子のロンドン五輪金メダリスト、内村航平の母、周子さんが、北九州市立総合体育館で行われた全日本シニア選手権2部に初出場し、バック転やY字バランスなど50代とは思えぬ軽快な演技で会場を盛り上げた。母・周子さんが「しくじり先生」で子離れを語る。

更新日: 2017年04月18日

38 お気に入り 787786 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

syatohanさん

◎体操男子のロンドン五輪金メダリスト

◎全日本シニア選手権に出場の内村航平

体操の全日本シニア選手権は13日、北九州市立総合体育館で行われ、個人総合は世界選手権(10月・南寧=中国)で5連覇を目指す内村航平(コナミ)が、ただ一人全6種目で15点台の計92・250点で3連覇した。

◎4冠制覇、世界選手権5連覇を目指す!

◎なんと、航平の母も全日本シニア選手権に初出場!

おさげ髪とちょっと派手な服装で応援する周子さんは、ちょっとした有名人だ。

その応援は半端ではない。選手たちと一緒に戦っているのだ。息子・航平だけではない。体操チーム全員を、選手団全員を応援しているのだ。

◎母・周子さんも元体操選手だった!

◎夫婦で経営する体操クラブでコーチをしている

九州学生選手権で優勝した実績があるという周子さんは、夫の和久さん(54)と長崎県内で経営する体操クラブでコーチを務めている。

◎幼い頃の航平はそんな母にべったりだった

幼いころの内村は母・周子さんにベッタリだった。2才のときに妹が誕生するが、内村は赤ちゃん帰りして、妹におっぱいを飲ませる周子さんの横でこぶしを握りしめて泣きじゃくったこともあった。

◎母も航平にたっぷりの愛情を注いだ

極力、自分で作った「手料理」を子供に食べさせる。教室を運営している周子さんと父・和久さん。共働きという環境で、子供たちと一緒に食事をとることが少なかった周子さんは、それでも「手作り」に拘った。

◎高校入学とともに航平、体操のために上京を決心!

「親元だと甘えが出る。体操がうまくなりたいから、どうしても行きたい」という内村の熱意に負け、周子さんは息子を東京へと送り出した。

◎母が一番心配したのは、食事だった

「手料理」を冷凍させて、冷凍宅配便で息子に届けたほどだ。

◎息子・航平に訪れた反抗期…

とにかく、心配で息子にべったりだった。そんな息子が、突然「もう、応援に来ないで…」と言ってきたのは大学生の時。周子さんは、悲しくて泣いたという。

◎内村航平選手、母を「うざい」

内村は雑誌やテレビのインタビューで、周子さんのことを「うざい」「なんかよく喋るし、むさいし、最も嫌いなタイプ」などと公言するようになる。

◎ショックで泣いた母「どうして…」

1 2 3