1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

BlueMondayさん

けっこうみんな悩んでる…

東京・表参道のメディカルエステ「MAME(南青山メディアカルエステティック)」が2011年5月25日―31日の期間、20―40歳代の女性を対象にインターネット上で実施したアンケート結果です

全体に自分のヒゲの濃さについて分析してもらったところ「産毛が多くて、目立つ」と答えた人が47%で圧倒的。

実は男性からもけっこう見られてる!

男性は「急接近した時、女性の顔で気になるのは“うぶ毛”」と40%もの人が回答。

さらに4割は、「(彼女や妻、好きな女性であっても)うぶ毛は見て見ぬふりをする」と答えた。

普段、見えない部分だからこそ、見つけたときには、「あっ」となってしまう人が多いよう。

女性も「剃る」派が多数

浴室では剃らないでください。特に、浴室にカミソリを置いておくと刃がさびて、角質を傷つけたり傷口から雑菌が入ったりすることもあるので注意が必要です

産毛剃りに慣れていない人にも使いやすいのはT字カミソリ。顔用の小さいものを選べば細かいところも剃りやすく、間違って肌を切ってしまうことも少ないと思います。

より安全に顔そりをしたいのなら、専用の電動シェーバーを利用するという手もあります。

2000円〜10000円くらいで購入できる、手頃な値段の商品がほとんどなので、気になった商品を購入し、使用感を一度試してみるのもいいでしょう。

正しい剃り方って?

ホットタオルを用意して、顔の皮膚を柔らかく、処理しやすい状態に整えます。

乳液かクリームを塗って、肌を保護しながら剃りましょう。あまり厚く塗ると肝心の産毛が見えなくなってしまうので、薄めに塗るのがコツです。

石鹸の泡をつける人がいますが、皮脂を落としてしまうので乾燥するだけでなく、角質もはがれやすくなってしまうので避けてください。

逆剃りは角質を取り過ぎてしまったり、肌に刃が当たり皮膚を切ってしまう可能性があるので、行わないようにしましょう。
凹凸のある部分、細かい部分を処理するには、皮膚を少し引っ張ってあげると、剃り残しなく、綺麗に仕上がります。

処理後は濡れたタオルで顔をふき、化粧水で肌を整えた後、乳液やクリームを塗って保湿を行う。

物理的ダメージによるメラニンの生成を抑えるべく美白成分を含む美容液でのケア、さらには抑毛ジェルを使った抑毛ケアもしておくと万全です。

顔のうぶ毛の毛周期(うぶ毛の生え変わるサイクル)は約20日といわれているので、顔のうぶ毛剃りは20日から1か月に1回の頻度で行うのが理想的です

頻繁に処理をすると角質が取れ過ぎて肌が敏感になり、赤くなったり化粧品がしみたりという症状が出てしまいます。更に、頻繁に傷が出来てしまうほか、刺激を与え続けているとメラニン色素が沈着して毛穴が黒ずむなどという問題を引き起こすこともあります。

ですから、多くても週に一度くらいにしておくと良いでしょう。

生理の時や肌荒れが気になるときには、ホルモンバランスの崩れから、赤みや吹き出物ができやすいので避けた方が無難です。

「抜く」のはNG!

1 2 3