1. まとめトップ

【歴史女子も驚愕】戦国武将にまつわる噂【歴女にも知ってほしい】

上杉謙信真田幸村伊達政宗水野勝成明智光秀大谷吉継

更新日: 2017年06月20日

daizou2002さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
92 お気に入り 140424 view
お気に入り追加

上杉謙信

上杉 謙信(うえすぎ けんしん) / 上杉 輝虎(うえすぎ てるとら)は、戦国時代の越後国(現在の新潟県上越市)の武将・戦国大名。後世、越後の虎や越後の龍、軍神と称される。

上杉家の下で越後国の守護代を務めた長尾氏出身で、初名の長尾景虎(ながお かげとら)でもよく知られている。兄である晴景の養子となって長尾氏の家督を継いだ。のちに関東管領上杉憲政から山内上杉氏の家督を譲られるとともに「政」の1字を与えられて上杉政虎(うえすぎ まさとら)と改名し、それまで上杉氏が世襲していた室町幕府の重職関東管領職をも引き継いだ。後に室町幕府の将軍・足利義輝より偏諱(「輝」の1字)を受けて、最終的には上杉輝虎(うえすぎ てるとら)と名乗った。謙信は、さらに後に称した法号である。

生涯独身を通して妻をめとらず、子供もありませんでした。そのため、養子を迎えています。ではどうして妻をとらなかったのでしょうか。それは自信が女だったからではないでしょうか。

私たちが目にする肖像画は、ヒゲが生えていて、いかにも無骨な強そうなイメージを抱きます。でも、この肖像画は、実際の顔とは違うと言われています。私たちがよく見る謙信の肖像画ですが、これは謙信亡き後の江戸時代に、画家のイメージで描かせたものだと言われています。

外国では女性だとされています。当時のスペイン国王のフェリベ2世は、日本に人材を派遣して黄金探しをさせていました。その中にゴンザレスという人物がおり、スペインへの報告書の中で書かれており、上杉景勝の叔母として、報告されています。景勝は養子になる前は、謙信の姉の子供であったので、彼が男であれば叔父でなければいけません。これも女性であるとする説の原因の一つです。

戦国時代では当たり前だった女性城主も江戸時代になると認められなくなったため、仮に女であったことが分かってしまうと、時代に遡ってお家断絶になってしまう恐れがあったからだと言う説があります。

真田幸村

真田 信繁(さなだ のぶしげ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。真田昌幸の次男。江戸時代初期の大坂の陣で豊臣方の武将として活躍し、特に大坂夏の陣では、3500の寡兵を持って徳川家康の本陣まで攻め込み、家康を追いつめた。この合戦に参戦した将兵による記録・証言が基となって、後世に江戸幕府・諸大名家の各種史料にその勇将振りが記録された。それらを基に軍記が作成され講談や小説などに翻案、創作されて、真田十勇士を従えて宿敵・徳川家康に果敢に挑む英雄的武将・真田幸村(さなだ ゆきむら)として語られるようになり、庶民にも広く知られる存在となった。

真田幸村は家康に死を覚悟させた武将として有名である。そのため、その容貌も鬼のような形相をしていると思われがちである。あるいは、きれいな顔立ちを思い浮かべる人も多いであろう。

幸村くんが出てくるたびに喚くし「幸村くん」か「かっこいい」で煩いいおんですね。幸村くんって大声で叫べる貴重な機会なので正気かってくらい喚いておるよ…とても煩いタイプだよ(◦′ᆺ‵◦)

私は余程幸村を男前だと思ってるけど幸村だけは副官に呆れられる訳にかないとゆうか佐助にかっこいいとこだけ見てて欲しいと思ってるんじゃないかと思っているからどうしても男前でいてほしい。いや公式からして男前だけど。JEだって幸村すげぇ幸村だったし。

しかし、真田幸村という人物はそのようなイメージとは程遠いい人物である。幸村は父親・昌幸に似て小男であった。また、九度山蟄居中の手紙で、「昨年から俄に年が寄り、ことの他病気になりました。歯なども抜けました。髭なども黒いものはありません。」と言っている。つまり、大坂に入城した頃の幸村は、歯が抜けてしまい、髭が白くなった初老のみすぼらしい小男であった。

伊達政宗

伊達氏第16代当主・伊達輝宗と最上義守の娘・義姫(最上義光の妹)の嫡男。幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明し、隻眼となったことから後世独眼竜と呼ばれた。

豊臣秀吉や徳川家康に「右目はどうしたのか?」と聞かれた際において、政宗は「木から落ちたとき、右目が出てきてしまったが、あまりに美味しそうだったので、食べてしまった」と語っている。 また、片倉景綱に右目を切断させたという逸話もある。

寛永十三年、伊達政宗死去。政宗が一人で逝くのは寂しいと言っていたのか、家臣のほうが政宗を一人で逝かすのは危ないと思ったのか、もしくは伊達者らしく、ただ単に流行に乗っかっただけなのか、政宗が死んだと解るや一気に十五人が殉死!しかも流石は政宗家臣、それだけじゃ終わらない。今度は殉死した者の家臣5人も一緒に殉死!親亀小亀孫亀かおまえらは。そんなこんなで計20人!コレには万天下が度肝を抜かれました。

水野勝成

水野 勝成(みずの かつなり)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。三河刈谷藩主、大和郡山藩主を経て備後福山藩の初代藩主となる。

それは「水野勝成」。徳川家康の従兄弟でありながら15年間も全国を放浪し、さまざまな大名のもとを渡り歩いた人物で、晩年は福山藩(現在の広島県福山市)の初代藩主として歴史に名を残しています。

気性が激しく、全国を放浪し、数々の武功をあげ、最後は名君として領民から愛される――。これほど個性的なのに、「水野勝成」を題材にしたドラマや小説はほとんどありません。

徳川家が天下統一を成し遂げたあとは、福山藩を与えられ、ついに一国一城の主となります。猛将として名を馳せ、50代でも最前線で戦うような勝成の治世は、さぞボロボロだったかと思いきや、意外にも庶民から「名君」と慕われていました。その理由について、勝成は「下の情をしる事はこれ虚無僧たりし故なり」(庶民の気持ちがわかるのは、自分も貧しい虚無僧だったからだ)と述べています。

信長の野望スレで毎回評価が低すぎると話題の水野勝成なんてどーや 原作は「天を裂く」で。  NHKの大河ドラマで取り上げてほしい題材は? - Ameba News [アメーバニュース] news.ameba.jp/20140428-103/ #news @newsamebaさんから

懐かしい名前だ・・・。猛将かつ名君なのに、信長の野望でのステータスの低さったらないよねw 知名度の低い"戦国最強" 水野勝成が凄すぎる - BOOKSTANDニュース|BOOKSTAND webdoku.jp/tsushin/2013/0…

1 2





daizou2002さん

お気に入りに入れてもらえると励みになります