1. まとめトップ

Yシャツ(ワイシャツ)とカッターシャツの違いって呼び方だけ?

Yシャツ(ワイシャツ)とカッターシャツ。俗にいわれる呼び方の違いだけでしょうか? もう少し探ってみました。

更新日: 2016年02月01日

4 お気に入り 323474 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

◎ 呼び方の違い

● Yシャツ

● カッターシャツ

スポーツ用品のミズノ(美津濃)の商品名で西日本で主に使われます。ミズノは大阪本社なのでこの名前が浸透したようです。

カッターの意味はボートのカッター競技(レガッタ)用に開発されたシャツから来ています。(後世の人が「勝った」とかけ言葉をつけました)

◎ 意外に広い「カッターシャツ」文化圏

● Yシャツと呼ぶ

● カッターシャツと呼ぶ

岡山県、兵庫県、長崎県、岡山県、広島県、滋賀県、奈良県、大阪府、佐賀県、岐阜県、三重県、和歌山県、京都府、福井県、山口県、愛媛県

「カッターシャツ」と呼ぶ地域の方が多い。

◎ 使い分けている地域も

学生が着るのは「カッターシャツ」大人が着るのは「Yシャツ」
愛知県、大阪府、兵庫県、福井県、富山県

◎ 呼び方だけじゃない違いも

● Yシャツ

前開きで、台襟・カフス・前立てのついたシャツ。多く男性が背広などの下に着る。

● カッターシャツ

◎ それ以外の呼び方も

● ドレスシャツ

多くの人にとって「ドレスシャツ」のほうが「ワイシャツ」よりも洒落た響きがすることから、特に紳士服店で用いられる呼び名である。

● ホンコンシャツ

日本をはじめとする東アジアでは、夏の蒸し暑い気候に合わせて、半袖のワイシャツがよく用いられる。

● カラーシャツ

最近では、色や模様の付いたモノも増えたので、カラーシャツとも呼ぶ。

◎ 歌詞に登場するYシャツという呼び名

1 2