1. まとめトップ
  2. カラダ

お酒を飲んでもなるべく酔いにくくする方法

お酒が弱い人、飲めるけどどうしても翌日に残したくない人、早く帰らないとまずい人、知っておくと役に立つアルコールが回りにくくなる方法をまとめました!

更新日: 2014年09月17日

ひびきすさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
542 お気に入り 233619 view
お気に入り追加

アルコールが回らないようにしたい!

明日飲み会があるけど、お酒で酔い潰れたくない・・・飲み会の次の日に酔いを残したくない・・・

どうしても「アルコールが回るのを防ぎたい」「肝臓の負担を軽減したい」と思っている人は、一体どうしたらいいのでしょうか?

突然お酒に強くなることはできませんが、対処法はあります。

乾杯前に何か胃に入れておく

胃の中の食物が入ることでアルコールの吸収速度が遅くなり、血液中のアルコール濃度の上昇速度が穏やかになります。

また食事は通常2~3時間胃に留まるため、満腹感でお酒のペースも自然と落ちる効果もあります。具体的には飲み会の前に軽く食事をしておくといいでしょう。

事前に牛乳やチーズ、肉類などを食べる

乳製品に含まれる脂肪が胃に膜を張って、アルコールの吸収を穏やかにすると言われています。

あらかじめ、消化に時間がかかるもの(乳製品や豚肉・牛肉)を食べておくとアルコールの吸収スピードを遅らせることができるので、酔いを抑えることができます。

牛乳などの乳製品に含まれるタンパク質は、肝臓の働きを高めてアルコールの分解を助ける効果があります。

胃薬を飲む

二日酔いの症状の中に「吐き気」「むかつき」がありますが、単にアセトアルデヒドによるものだけではなく胃腸の不調も加わっていることを忘れてはいけません。そこで胃薬です。

薬局に並んでいる二日酔いに効くという薬は、胃腸薬がベースのことが多いようです。お酒を飲む前に飲むと効果的。

胃薬を飲んでおくと壊れた胃壁を修復し胃粘膜の分泌を高め、胃の活動を高める効果があります。

ウコンドリンク、錠剤はもはや定番

ウコンには、胆汁の分泌を促進させる効果があると言われています。

肝臓の解毒作用を高め、 アルコール分解のスピードを早めてくれるので肝臓への負担を軽減します。

ウコンに含まれるクルクミンという成分が、胆汁の分泌を活発にし肝臓の働きを助けてくれるのです。

しっかりと水分補給する

1 2





ひびきすさん

見やすいまとめが作れるようがんばりますっ!

このまとめに参加する