1. まとめトップ

そうだったのか!虫歯、口臭、歯周病、みんな退治のすごい奴!「口の中の善玉菌」

虫歯、口臭予防に!口内の善玉菌について情報をまとめてみました。

更新日: 2016年09月11日

monotomoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 24682 view
お気に入り追加

■お口の中では

ヒトの口の中(口腔内)には、多種類の微生物、通常700~800種類の微生物が生息しています

口腔内では乳酸菌などの発酵菌(善玉菌)と腐敗菌(悪玉菌)が細菌叢(細菌の集団)を作っている。このバランスが保たれていると、悪玉菌は善玉菌によって除菌され、歯周病などの疾患は発生しない。口臭も予防される。

■善玉菌

乳酸菌LS1はお口の中の歯周病菌を減らして細菌のバランスを整えてくれる、お口で働く乳酸菌

歯周病菌、むし歯菌そしてカンジダ菌に高い抗菌性を持ったLactobacillus rhamunosus(L8020 )菌

■善玉菌の効果

虫歯の原因であるミュータンス菌を、乳酸菌は特殊な酵素を発生させて殺菌することができます

■善玉菌を増やすには

善玉菌や善玉菌の栄養源を投与し、細菌叢のバランスを回復させる

「おくちの乳酸菌習慣タブレット」は「L8020菌」を簡単に接種することができるタブレットで、その作用により細菌のバランスを整えて、口腔内のpHを酸性域から中性域に改善する。そのため歯の表面が溶けにくい状態になり、むし歯になりにくい環境に導くという。

生きた乳酸菌「TI2711」を積極的に摂取する事により、『お口のネバネバ』や『お口の気になるニオイ』を抑えます。

■注意事項

ヨーグルトに含まれているいろいろな乳酸菌はそのほとんどが腸内で働くものです。したがって、ヨーグルトをたくさん食べても、乳酸菌LS1のようにお口の中での良い作用は期待できません。それぞれ働く場所が違う

通常のヨーグルトでは効果が期待できないようです。

常に強い殺菌効果のある薬を使い続けると、お口の中の常在菌(いい菌も沢山います)も殺してしまうので、余計に悪い菌が繁殖しやすくなります

殺菌だけでは良くないようです。

1





monotomoさん

まとめを見てくださった方ありがとうございます。分かりやすいまとめを目指していきます。
Twitter
https://twitter.com/monotomo1

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう