1. まとめトップ

北欧デザインを巡る旅『デンマーク:アルネ・ヤコブセン』編

現代建築に偉大な功績を残したデンマークの建築家アルネ・ヤコブセン。彼のデザインした建築を巡る旅マップを作成。1930年代のベルヴュー地区の大規模リゾート計画から遺作となった1971年デンマーク国立銀行まで、巡りやすいように駅ごとにまとめてみました。

更新日: 2014年09月18日

7 お気に入り 13200 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

y-shさん

■Klampenborg クランペンボー

コペンハーゲン中央駅(København H)から郊外列車Re に乗って約20分(エストー(S-tog)は約30分)。クランペンボー(Klampenborg)駅を降りてすぐ。

≪参考サイト≫
http://fika10.com/Denmark/trip_dk_14.html

ライトブルーの3本ラインがかわいい。コペンハーゲン中央駅(København H)から郊外列車Re に乗って約20分(エストー(S-tog)は約30分)。クランペンボー(Klampenborg)駅を降りるとすぐ、白い砂浜と青い海が広がってくる。

白い建物の角に丸みがあるように、大胆な曲線を用いてデザインされています。ゆらめく波のような客席に、星空が眺められる開閉式の天井。今でも上映会が催され」、予約をすれば見学もできるそう。

ヤコブセン好きのオーナーが経営しているというレストラン・ヤコブセン(Restaurant Jacobsen)。テーブルにはセブンチェアやスワンチェア、インテリアからカトラリーにいたるまで、すべてヤコブセン・デザイン。伝統的なデンマーク料理が味わえ、夏は潮風の心地よいテラス席、冬は暖炉とアンティークランプがあたたかい店内での食事がおすすめだとか。

駅から海に向かうと最初に見えてくる白い箱の並べたような集合住宅。1934年竣工のベラヴィスタ(Bellavista)。ドイツのバウハウスや建築家ミース・ファン・デル・ローエ(Mies van der Rohe)から多大な影響を受けたといわれる初期のヤコブセンの代表作。

ベラヴィスタの隣に建つ、屋根の傾斜が美しいレンガ造りのテラスハウス、スーホルム(Søholm I)。「スーホルム」とは、デンマーク語で“湖のほとりの小さな町”という意味。ヤコブセンが最も愛した建築のひとつといわれ、晩年は海がいちばんきれいに見える部屋で暮らしたそうです。

スーホルムから海岸沿いの道を南へ15分ほど歩けば、巨大なアリンコチェアのようなフォルムの世界一有名なガソリンスタンド、テキサコ・サービス・ステーション(Texaco Service Station)があります。今はアイスクリーム屋さんになっているとか。大きな円形の屋根が、若きヤコブセンが描いた「未来の家」をイメージさせます。

■København H コペンハーゲン中央駅

最高傑作「ラディソンSASロイヤルホテル(Radisson Blu Royal Hotel)」。 1960年にコペンハーゲン中央駅(København H)そばに完成したこのホテルは、ヤコブセンが建築し、家具や照明、カーペットやドアノブ、カトラリーにいたるまですべてのデザインを手がけたという世界で初めてのデザインホテル。

■Nyhavn ニューハウン(水上バス Havnebus)

1938年
「ステリングハウス」というビルの1階にあるヤコブセンリスペクトの「カフェステリング(CAFE STELLING)」

≪その他デザイン建築≫

■Kastrup カストルップ

コペンハーゲン中央駅から10分、コペンハーゲン空港から3分

2013年3月22日にオープンしたデンマークに北ヨーロッパ最大規模の水族館。3XNがデザイン。

料金:140DKK(2800円)
URL:http://www.denblaaplanet.dk/en/
3xn:http://www.3xn.dk/

■Helsingør ヘルシンゲル

コペンハーゲン中央駅から40分。Helsingør(ヘルシンゲル )から徒歩10分
※Humlebæk(ヘレムバック)から徒歩10分

北シェラン島の自然のなかに、芸術愛好者の憩いの場を作るために1958年に建てられた美術館。

料金:110DKK(2200円)
 ※コペンハーゲンカード割あり
URL:http://en.louisiana.dk/

■Humlebaek フムレベック

コペンハーゲン中央駅から郊外列車で35分

クランペポー駅から徒歩10分。設計はBIGによるもの。

料金:110DKK(2200円)
URL:http://mfs.dk/en/
BIG:http://www.big.dk/#projects

1 2