1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

慰問といえば、美空ひばりさんが加古川刑務所へ慰問にやってきて『ケンちゃん』と呼びかけ・・『お元気ですか・・』と挨拶された話を思い出す ケンちゃんが三代目 山口組 若頭 山本健一氏というのは有名なエピソード twitter.com/takagisota/sta… pic.twitter.com/Ie5DcIT5fx

経済ヤクザって言葉はマンガで言う本気組の染夜みたいな人なのかと気になって元山口組系組長である猫組長 @nekokumicho の本を買ってみた出す pic.twitter.com/2yOhvsdfmN

「子供のころ、事務所では、若い衆がドツかれているのをよく目にすることがあった。血染めの木刀がそのへんにゴロゴロ転がっているのも自然な光景だった。幼心にそれを見るだけで怖かったものである」 六代目山口組淡海一家総長・高山誠賢 ・ pic.twitter.com/daqIjLTecc

@yamatokairagi @OLDMAN37179827 徐裕行は山口組系の武闘派組織「後藤組」の後藤忠政元組長と懇意で、東日本大震災にトラックで物資を運ぶなど行動を共にした人物ですね。後藤組は創価学会やオウム真理教の広大な土地買収に絡んでます。国松長官狙撃事件は北の工作員との情報もありますね。

「全国のヤクザの名前を本にしたら、よう売れる思うとんのですわ。組のもんが買いますやろ、マスコミやヤクザ好きも買いまっしゃろ」 六代目山口組二代目柴田会会長・安東美樹 pic.twitter.com/VwoXY31pZn

高級魚を密漁したとして、長崎県警が指定暴力団山口組系組長の男(51)(長崎市)や組員ら6人を漁業法違反などの疑いで逮捕し、長崎区検は26日、組長らを同法違反などで長崎簡裁に略式起訴した。密漁した魚は組長の親族が実質的に経営する飲食店でワンコインの海鮮丼などとして提供。年間約3000万円を売り上げていたという。

 県警の発表によると、6人は共謀し、7月に長崎市野母町の海で、長崎県知事の許可を得ずにボンベなどを使って潜水漁をした疑いがあるとして逮捕された。組長ら少なくとも3人が略式起訴され、親族と店の従業員は26日付で不起訴となった。

組長らは数年前からオオモンハタやスジアラなどの密漁を繰り返していたとみられ、海鮮丼を売りにするJR長崎駅前の飲食店で提供。500円の海鮮丼もあり、周辺の相場の半額ほどの安さで、観光客や地元のサラリーマンらに人気だった。

 組長と関係のある同市の繁華街の飲食店案内所からは、真空パックで冷凍保存された魚の切り身など約200キロが見つかったという。

 飲食店の近くで働く女性は「観光客らで繁盛していた。暴力団が関わっているとのうわさはあったが、特段のトラブルはなかった」と話した。

山口組系組幹部がグループ統括役だったとされる特殊詐欺事件をめぐり、詐取金の一部が山口組に渡っていた疑いがあるとして、警視庁などは9日、電子計算機使用詐欺の疑いで、山口組総本部(神戸市灘区)を家宅捜索した。警視庁によると、特殊詐欺に絡み警察当局が山口組総本部を家宅捜索するのは初めてだという。

 捜索は京都府警、和歌山、高知両県警などと実施、警視庁組織犯罪対策4課は捜査員約70人を動員した。同課は3日、同容疑で山口組の2次団体「二代目中島組」幹部、藤井幸治容疑者(56)ら男7人を逮捕、藤井容疑者が詐欺グループの統括役とみて捜査を進めている。

 同課によると、このグループによる被害は判明分だけで昨年10月〜今年5月、全国で85件、約9500万円に上る。藤井容疑者ら暴力団関係者が首都圏の複数のグループをまとめ、詐取金を集約していたとみられる。

 同課は9日、詐欺と窃盗の疑いで藤井容疑者の配下でグループの1つを率いたとみられる住居、職業不詳の伊藤裕弥容疑者(29)を指名手配。伊藤容疑者のグループは詐取金のうち約4千万円をだまし取った疑いがあるという。

国内最大の指定暴力団山口組が分裂して8月27日で3年。三つの指定暴力団に割れ、互いに組員の切り崩しが続いている。抗争事件は減少したものの、対立の構図は流動的な状況だ。警察当局は組事務所の使用を禁じるための司法手続きを働き掛けるなど、組織弱体化に向けた締め付けを強める。

 「山口組が緊急会合で、離脱した任侠山口組の受け入れを決めるのでは」。今月20日、山口組総本部(神戸市灘区)に最高幹部らが乗ったとみられる車が次々と入った。臆測が駆け巡り、兵庫県警は情報収集に追われた。今月が一つの区切りとみられていたからだ。

 任侠山口組は昨年4月、山口組から分裂した神戸山口組をさらに離脱した組織。県警幹部は「20日の会合は、9月の大規模な定例会合の事前協議だった可能性が高い」として、受け入れの事実はなく、敵対組織を揺さぶる動きだったとの見方を強めている。

山口組はかねて離脱した組員の復帰を容認すると公言。一方、分裂した神戸山口組が今春、新たに幹部を増やすなど体制を刷新した。すると、同じタイミングで山口組は離脱者の受け入れを今年8月までに区切った。

 捜査幹部は「期限の設定は、神戸側が新体制に移行する時期を突き、組員に切り崩しの活発化を促す狙いだ」と推測。山口組は、服役中のナンバー2が来秋に出所するのを節目として体制強化に動いていると読み解く。

 兵庫県内には3組織の本拠地がある。県警は、県の外郭団体である暴力団追放兵庫県民センターを通じ、本部事務所を使えなくする司法手続きを支援している。センターは昨年以降、神戸山口組と任侠山口組に対して本部の使用を禁じる仮処分を神戸地裁に申し立て、神戸山口組については既に認められた。

 センターの弁護士は「分裂抗争で差し止めが認められやすい状況。警察と連携し、組事務所の撤去も進めたい」と目的を説明する。

 警察庁によると、分裂から今月20日までに3組織の関係者が絡む抗争とみられる事件は計112件発生。立件された人数は延べ421人に上った

福井県内では2016年2月、敦賀市本町1丁目の神戸山口組系正木組の事務所に銃弾が撃ち込まれ、実行犯の山口組系の組員が現行犯逮捕された。さらに発砲を指示したとして福井市有楽町にある山口組系宮原組の組長が逮捕され、ともに実刑判決を受けた。福井地裁は昨年10月、正木組事務所と宮原組事務所について、暴力団事務所としての使用を禁止する仮処分を決定し、現在も使用禁止が続いている。

 昨年9月には神戸市長田区で任侠山口組関係者が射殺され、神戸系の組員が殺人容疑で指名手配される事件が起きた。捜査幹部は「暴力団員の数が過去最少を更新する中で限られた組員や資金を奪い合い、衝突が激化してもおかしくない」と警戒を強めている

出典http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/685309

山口組 

 神戸市を拠点とする国内最大の指定暴力団。警察庁の昨年末の統計では、傘下の構成員と準構成員は約2万5700人で、暴力団全体の約44%を占める。山口春吉組長が大正4年に結成、実子の登組長が14年に2代目に。戦後就任した3代目の田岡一雄組長が全国勢力に拡大させた。現在は篠田建市(通称・司忍)組長(72)が6代目を継承。篠田組長を頂点に直系の2次団体、その傘下に3次、4次などと団体が連なるピラミッド型組織となっている。

8兆円の収入
5つの中で、山口組を最初に取り上げているのは、収入の順によるためだ。

山口組は800億ドル(約8兆円)と、
ロシアのSolntsevskaya Bratvaの85億ドル(9000億円)の一桁上だ。

続いてイタリアのCamorraは49億ドル、
イタリアの’Ndranghetaは45億ドル、
メキシコのSinaloa Cartelは30億ドルとなっている。

8兆円は国家予算ではタイに匹敵する金額だ。自治体では東京都が約6兆円、大阪府が約4兆円、愛知県が2兆円と言ったところ。東京プラス愛知、もしくは大阪2年分だ。

さすがに日本の国家予算には及ばないものの、先ごろ発表した概算要求に目を向けると、国土交通省は約6兆8500億円、防衛省は約5兆円を要求している。

山口組は防衛省をまかなえてしまうのだろうか。

1