1. まとめトップ

潮干狩りで「あさり」「はまぐり」を大量に採る為のテクニック

潮干狩りのコツやノウハウなどをまとめました。潮干狩りにもちょっとしたコツがあります。知っておいて損はないと思いますので、潮干狩りのシーズンに向けて準備を始めて下さい。このまとめを参考にして頂き、あさり・はまぐりの大量ゲットにつながれば幸いです。ルールを守って楽しみましょう!!

更新日: 2015年05月15日

25 お気に入り 438742 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dragon-oneさん

△潮干狩りの基本

年中貝はいますが

おすすめのシーズンは4月~5月

場所にもよりますが、潮干狩りのシーズンはだいたい3~7月ぐらいです。

潮干狩りは、昼の干潮時間が長くなり水も温かくなる4月から5月がおすすめです。

毎年、ゴールデンウィークのフィーバーの後は、アサリが取り尽くされて思うようにアサリが獲れません。

潮干狩りとは、文字通り潮が引いてから楽しもう

満潮干潮の情報は「潮見表」で知ることができますが、お勧めなのは海上保安庁のHPです。

ガイドブックでは、潮干狩りに適している時間を、干潮時間の前後1時間~2時間程度

大潮の日がベスト

昼間に大きく潮が引く4~5月の中潮~大潮の日が最適です。

潮の干満の差が大きく、いつもより遠くまで潮が引きますよ。

出典http://トレンド情報ステーション.jp/siohigari-562

△潮干狩りのコツ アサリ編

潮が引く時間を計算しよう

潮が引いて干潮時間を迎え潮が満ちていく間は1時間~4時間程度ですが、狙い目は潮が引いていく時間

潮が引くにしたがってだんだん沖に掘り進みます。

やみくもに掘っても見つからない!!まずは習性を覚える

アサリが生息するのは、砂地の盛り上がった部分と、水がたまっている部分の境目の斜面です。

海の流れが当たる反対側の斜面とその麓で大量にアサリがいます!

出典http://トレンド情報ステーション.jp/siohigari-562

やみくもに掘ると疲れます。翌日の筋肉痛は覚悟して下さい!!

「瀬」を見つける

アサリは盛り上がった瀬と少しえぐれた場所との傾斜に集まっています。

1 2 3