1. まとめトップ

イマイチ持ってない迷言王子 タレントプレーヤー 斉藤佑樹の憂鬱

ハンカチ王子と大フィーバーを巻き起こした斉藤祐樹。燦然と輝く高校・大学時代の戦歴・放たれた名言と比べ、プロ野球入り後の成績はイマイチである

更新日: 2018年04月25日

1 お気に入り 243607 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yamatocafeさん

▼ご覧いただきまして有り難うございます▼
「お気に入り登録」や「facebookいいね!」「ツイート」「はてなブックマーク」などして頂くと嬉しいです。お手数ですがよろしくお願いします!
▼下記の「野球まとめ」もご覧ください▼

■ここから始まった「持ってる」の責任

大学日本一&史上初の一年生MVP
「一生何か持っているというか、こういう人生なのかなと思います」

その日は2007年6月17日だった

10年11月3日には、東京六大学秋季優勝決定戦・慶大戦で4季ぶり42度目の優勝。
「何か持ってると言われ続けてきましたが、何を持っているのか確信しました。それは仲間です」と名言を残した。

■プロの壁

2011年4月17日プロ初登板、5回4失点、自責点1
平均視聴率29.4%、瞬間最高視聴率37.0%を記録

2011年成績 6勝6敗・防御率2.69

故。西本幸雄氏から梨田監督(当時)への伝言

あいつの投げ方はあかん。左足が突っ立っとる。右腕が棒のようにかかっとるやないか。能見篤史のように、腕をしならせて投げるよう、指導せえ

出典ceron.jp

2012年3月30日、9回1失点、ハム9-1西武
平均視聴率31.6%、瞬間最高視聴率は39.4%を記録

2012年成績 5勝8敗・防御率3.98

持っているではなく「いまは背負っています」

2012年3月30日、開幕戦1失点完投勝利のヒーローインタビューにて

しかし、2012年6月のバースデー勝利を飾った後から事態は急変する

6戦連続で勝ち星から遠ざかり、1軍登録抹消後、2軍で調整を続けるも1勝5敗。2013年も2軍で1勝3敗、防御率8.61のクズのような成績でシーズンを終了した。
彼はこんなスランプに陥っていながら、根拠のない自信を持ち、マスコミやテレビ番組の取材に対して高校球児時代の謙虚さを一切感じさせない、名言を吐き続けた。

2012年の夏頃から肩に違和感を抱きはじめていたが、フォーム調整のために投げ込みを続けた結果痛みが悪化し、11月の終わりに右肩の関節唇損傷と診断された

2013年成績 0勝1敗・防御率13.5
 (二軍 1勝3敗・防御率8.61)

2014年7月31日、千葉ロッテマリーンズで復活勝利

援護をもらった斎藤投手は、6回を投げ切り、6安打1失点、7つの三振を奪う好投で勝ち投手

これから僕の第二の野球人生が始まります。皆さん、一緒に頑張っていきましょう

2年ぶりの白星を手にした斎藤は試合後、「気持ちで負けないようにした」と言った。それが、インサイドに厳しくストレートとシュートを使った配球である。

栗山監督談「先発投手は余っている。今後、対戦相手との相性などを見ながら使っていきたい」復活勝利翌日、登録を抹消された。

斎藤の本物の覚醒と考えていいのだろうか? 筆者は、斎藤自身が「生命線」と言うストレートのスピードに不満が残った。まるで心理学者のような配球術で、走者を背負いながらも失点は角中のソロアーチ1本に抑えたが、それで長続きするのか?との疑念も抱いた。

■8年後の後悔

「言わなきゃよかったですね」

「石橋貴明のスポーツ伝説…光と影」に出演。

石橋「言ってたじゃない、自分も。早稲田大学で勝った時に“自分は持っていると思います”って」
斎藤「言わなきゃよかったですね」

『持ってると言わなきゃよかった』と言える斎藤投手もすごいじゃないですか。
人間って自分の弱さや苦しさを認めてから新しい成長があると思うんです。斎藤投手が表舞台でもう1回、輝く時が来ると感じた言葉でした

(番組企画・菊野浩樹氏談)

■「ハンカチ世代」の呼称から始まった88年産まれプラチナ世代

「斉藤佑樹は間違いなく黄金世代の中心にいた」
ハンカチ世代の位置付けは、2006年夏の甲子園で斎藤が大注目されて生まれた「ハンカチフィーバー」である。

現巨人の坂本勇人は、ハンカチ世代と呼ばれるのを嫌がり、マー君世代の1人と答えている。斎藤よりも先にプロ入りし、結果を残してきた田中を目標にしてきたためである。
田中、坂本だけではなく、前田健太、澤村拓一らが台頭したため、特定の個人に相当する名称ではなく、単に「黄金世代」や「プラチナ世代」と呼ぶことも多い。

吉川光夫、乾真大、斎藤佑樹(日本ハム)
塩見貴洋、田中将大、山本大明(楽天)
大石達也、秋山翔吾、高橋朋巳(西武)
小山雄輝、坂本勇人、澤村拓一(読売)
上田剛史、太田裕哉、増渕竜義(ヤクルト)
梶谷隆幸(DeNA)
堂上直倫、大野雄大(中日)
野原将志(阪神)
會澤翼、中村恭平、前田健太(広島)
柳田悠岐、福田秀平、山田大樹(ソフトバンク)
石川歩、大嶺祐太(ロッテ)
松永昂大(オリックス)

1 2 3