1. まとめトップ
  2. おもしろ

←この「!」の標識が置かれている場所にはあるウワサがあるらしい・・・

「!」の標識を見かけたことはありませんか?実はこれ「その他の危険」という標識で本来は補助標識とセットで設置されていることが多い標識ですが中にはこの標識だけ単体で設置されている所もあるらしいです、その理由とは...

更新日: 2014年09月19日

22 お気に入り 196704 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bc.pikoさん

めったに見かけない「!」の標識

皆さんもどこかでみたことがあるでしょう。「!」の意味不明標識を…実はこれ、「その他の危険」という標識なのです。

この標識は、補助標識として、!マークの下に「路肩弱し」「上り坂勾配あり」といった、どんな危険があるのかを補助的に指し示す白いプレートが付いている。

このように補助標識のプレートがあるなら何が危険なのか分かるが・・・

何に注意すればいいの(・・?)

実は「!」しか無い標識にはあるウワサが(^^;)

黄色い四角に黒いびっくりマークの警戒標識「その他の危険」、特に説明もなく単体で掲げられているところは「出る」ってうわさですけど。ほんとですかねえ?

【!の意味】道路標識の『!』は、「その他の危険」を意味する。通常は『!』の標識の下部に、「路肩弱し」といったように補助標識が併設されている。しかし中には何の表示もないものも存在する。このためそういった標識のある場所は、原因不明の事故、つまり幽霊の出現などによる事故が多い場所である

他の標識と違い、具体的に何が危険か示されていないのですから……何が起こっても不思議じゃない。ひょっとして霊的なものなのかも。

国土交通省としても公の機関が霊の存在を認める訳にはいきません。その他の注意を示す「!」標識に補助標識を取り付けないことで、幽霊注意を表しているとのことです。

※ウワサです

この「!」だけの標識は中々のレア物というウワサも

免許合宿がんばってます!筆記はイケテルけど実技が難点、、、(>_<)その他の危険標識はレアらしいです! pic.twitter.com/9CeudJ84Sv

数も少なく設置基準もあいまいなため、レア物扱いされているという噂も。

公道など大きな通りには国土交通省が設置しますが、私道には道路を管理している公共団体などが必要性を判断、設置しているので正確な数は把握できていません。

土湯街道の旧道に見つけた。 「!」の看板、即ち、その他の危険。 通常、補助標識として「路肩弱し」等の補足があるけど、この様に何も書いてないと不気味だ。 看板から30m先が行き止まりだったので、これを知らせる為の看板であると思われる。 pic.twitter.com/O5IguR57Pk

1