室温が4~5℃以下になると、ハムスターの体温、心拍数、呼吸数が低下。
 動きが鈍くなり、眠ったような状態になります。これが疑似冬眠です。

 カエルや蛇のように完全に眠ってしまう冬眠ではなく、寒さに対抗するために消耗をできる限り少なくしようという結果、起こるものです。

出典疑似冬眠・ハムスターの習性

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

秋冬到来。ハム飼いさんは注意して!!ハムスターの擬似冬眠

寒くなるシーズンがやって参りました。まだ秋だからと侮るなかれ。秋冬に多いハムスターにとって危険な擬似冬眠についてまとめました。少しでも皆様のお役に立ちますように。

このまとめを見る