1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

テアニンがカフェインの興奮作用を抑えることは動物実験では確認されているが、ヒトの試験では確認できていなかった。
 研究では茶飲料に含まれる程度のテアニンが、同様に飲料に含まれる程度のカフェイン作用を抑制できるかを21―22歳の男女大学生12人で確認。脳波のα帯域検査で、テアニンが興奮を抑える効果が確かめられた。

従来

生活のなかで何気なくカフェインを摂っていると思いますが実は多くの副作用があります。

カフェインはコーヒー、緑茶、紅茶、ウーロン茶、コーラなどのほかに、ココア、チョコレート、

栄養ドリンクなどにも含まれています。そのほか一部の医薬品にも含まれています。



副作用についてお話する前に、カフェインはからだにどういう影響を与えるのか考えてみましょう。

私たちは以下のように考えています。



カフェインは刺激剤です。

刺激剤ということはその名のとおり刺激します。何を?からだに摂取した場合はまず胃腸や内臓です。

1