1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【グルメ】馬・キジ・鹿・牛・魚…新感覚のあっさり系ラーメン厳選9軒

ラーメンのだしといえば鶏や豚がメインだ。しかし、今、注目を浴び、勢力拡大中なのが「馬」!豚骨よりもあっさりな味わいと、馬ならではのウマみがおいしい!馬以外にもキジ・鹿・牛・魚まだまだある!そんな変わり骨らーめんを紹介!

更新日: 2018年04月29日

42 お気に入り 12636 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

◆会津馬味噌ラーメン 馬力本願/会津馬味噌馬力ラーメン

福島県・会津(あいづ)地方は、古くから知られた馬の産地。一般家庭の食卓に、馬刺しが並ぶことも珍しくない。

馬骨から出る脂は常温でも固まらないため、味わいは意外にあっさり。
トッピングされた「辛みそたれ」は、この地域で馬刺しの薬味に使うもの。スープに溶かすと相性バッチリ!

福島県会津若松市七日町7-3
TEL0242-22-0133
営11:00~15:00、17:30~21:00
水曜定休
http://tabelog.com/fukushima/A0705/A070501/7008727/

◆熊本居酒屋 新市街/新市街オリジナル 馬骨ラーメン

新市街の「馬骨ラーメン」は、クラシックな熊本らーめんを土台に作り上げられたもの。

カットしたゲンコツをいったん炊き込んで洗い、さらに鶏ガラや野菜と6時間ほど煮込んだ後で寝かせ、浮いた脂をとって……と、手の込んだ仕込みが特徴。
それだけにスープにはエグみや臭みはなく、馬骨の“ワイルドさ”を残しつつも、食べやすい味わいに仕上がっている。

東京都渋谷区道玄坂1-18-2 1F TEL03-6416-4014
営【月曜~金曜】11:30~15:00、18:00~24:00
【土曜・日曜・祝日】18:00~24:00
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13136477/

◆九州居酒屋 しん/太平燕(タイピーエン)

東京・恵比寿の隠れ家的な九州居酒屋「しん」。
ここで〆のメニューとして味わえるのが、馬骨スープを使った「太平燕(タイピーエン)」と「馬骨ラーメン」だ。

「馬刺しと一緒に骨も仕入れてます。
だいたい土曜日にスープを仕込んで、翌週売り切れたらそこまでです」と、オーナーの村上伸二さん。
ゲンコツと背骨、ふたつの部位を組み合わせることで、骨から出るウマみと脂分のバランスをとっているとのこと。

東京都渋谷区恵比寿南1-16-5 B1F TEL03-6663-8731
営12:00~14:00(L.O.)、18:00~23:00(L.O.)
日曜定休
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13051400/

◆湯梅軒/黄金天馬塩

酒屋が並び、昼からも飲める下町・天満(てんま)の一角にお店を構える馬骨らーめん専門店。

「コンソメを作るのと同様の手法で、馬のあばら骨を弱火で8時間ほど煮込みます。臭みを抜きつつ、馬らしさを残すところに苦労しましたね。食べてから『こんなにあっさりしているんだ』と驚かれるお客さんが多いですね」と、店主の梅元孝康さん。

大阪府大阪市北区天神橋5-6-23
営11:30~14:30、17:00~23:00
※売り切れ次第終了
不定休
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27058201/

◆木鶏製麺所/馬肉拉麺

広島市郊外の「木鶏製麺所」は、その名のとおり、麺にこだわる自家製麺のらーめん店。
だがスープも、麺に劣らぬ逸品だ。

「熊本の馬産地で、馬骨の山を見て何かできないかと思ったのが、馬骨スープ作りのきっかけです」と店長の佐々木佑身さん。
使う部位や、組み合わせる食材を何度も変え生み出した。ほのかな甘みとウマみがミックスした味わいだ。

広島県広島市安佐南区大町西3-19-7 TEL082-877-7039
営11:00~15:00、18:00~翌2:00
月曜定休
http://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340107/34017975/

◆金町製麺/手もみ中華そば

高級食材・キジの名産地、愛媛県鬼北町(きほくちょう)で飼料にもこだわって育てられたキジの骨を使用。素材を生かすため野菜などほかの材料を入れずに6時間ゆっくり煮出したスープは、華やかに香る。
カエシは茨城産の生醤油、再仕込み醤油をブレンドして使用している。

東京都葛飾区金町6-2-1ヴィナシス金町1F TEL03-5876-5736
営11:30~14:00~(L.O.)、18:00~24:00
月曜定休http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13116419/

◆らーめん たか/味玉たかちゃん

店主の川井貴さんが「鹿骨でおいしいスープを作れないか」と試行錯誤して作り上げたオリジナルの鹿骨らーめん。
巨大な圧力寸胴鍋を使い、鹿骨を魚介とともに2時間半ほど煮込んだのち、寝かせて熟成。
あえて「鹿らしさ」を残した味に仕上げている。

埼玉県八潮市中央1-5-11
TEL048-998-4511
営11:30~14:00、18:00~店主の力が尽きるまで(22:00くらい)
http://tabelog.com/saitama/A1102/A110205/11032738/

◆道玄/スペシャルチャーギュウ麺

「いいものをお客さまに」というコンセプトを生産者と共有し、ブランド牛「大山黒牛」などの骨と肉をふんだんに使うらーめんをお値打ち価格で提供。
トッピングにもA4からA5等級のローストビーフを用いるなど、“らーめんの世界観”を打破する名店だ!

東京都新宿区高田馬場4-10-14 IMA ビル1F TEL03-3365-1378
営11:00~15:00、17:00~22:30
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13095036/

◆あらとん 新宿御苑店/特製醤油らーめん

店名の由来は、魚のあらプラス豚骨で「あらとん」。
北海道から取り寄せた魚のあら骨は、日々千差万別。
マネージャーの山田誠さんが、魚の種類から、スープ作りの方向性を決めている。
材料による味のバリエーションを好んで来店する常連客も多い。

東京都新宿区新宿1-4-12 シティ御苑ビルA館1F TEL03-6457-7122
営【月曜~金曜】11:00~15:30、17:30~22:30
【土曜・日曜・祝日】11:00~18:00
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13149643/

1