1. まとめトップ

最強・最安のノマド環境 国立国会図書館をビジネスに使いこなす【SOHOにも】

国立国会図書館 東京本館のノマド利用について、まとめてみました。利用できる方(東京近郊在住)は限られますが、環境の良さは素晴らしいです。

更新日: 2015年05月03日

taichou_kさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 12167 view
お気に入り追加

ノマドとは?

言っちゃっていいのかな~。 駐車料金ゼロwwwwwwwwwwwwww

ノマド(nomad)は、英語で「遊牧民」の意味。近年、IT機器を駆使してオフィスだけでなく様々な場所で仕事をする新しいワークスタイルを指す言葉として定着した。このような働き方をノマドワーキング、こうした働き方をする人をノマドワーカーなどと呼ぶ。

2007年に行われた調査で、多くの非雇用者が在宅勤務を行うことによって孤独を感じたり、対人交流がなくなってしまうことに不安を感じていることが分かった。また、およそ3分の1から半数の民間・行政労働者は、自宅での仕事を望んでいないと回答した。

でもコワーキングスペースは高い。。

事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指す。
コワーキングは独立して働きつつも価値観を共有する参加者同士のグループ内で社交や懇親が図れる働き方であり、コスト削減や利便性といったメリットだけではなく、才能ある他の分野の人たちと刺激し合い、仕事上での相乗効果が期待できるという面も持つ。

東京都内コワーキングスペースランキング1位・時間制限無し45,000円/月

東京都内コワーキングスペースランキング2位・夜間以外無制限22,000円/月〜

【その他東京都港区の金額例】
月額会員・16,800円/月
ラウンジ利用時間制限なし・10,800円/月etc

レンタルオフィスよりは安いですが、それでも利用頻度に応じてそれなりの金額になります。

駐車場を利用できるプランはさらに料金が跳ね上がります。

スタバも毎日だと高いしうるさい。。

そこで国立国会図書館 東京本館!!

日本の国会議員の調査研究、行政、ならびに日本国民のために奉仕する図書館である。また、納本制度に基づいて、日本国内で出版されたすべての出版物を収集・保存する日本唯一の法定納本図書館である。

国会図書館のお勧めポイント1 交通アクセスの良さ

・有楽町線「永田町駅」徒歩約5分
・半蔵門線/南北線「永田町駅」徒歩約8分
・ 千代田線/丸ノ内線「国会議事堂前駅」徒歩約12分

国会図書館のお勧めポイント2 パソコン利用の自由度

【本館第一閲覧室(本館2階)、新館閲覧室(新館2階)】
全席機器使用席・公衆無線LANが使用できます

無線LANに接続できる端末(ノートパソコン等)をお持ちの方は、次の場所で公衆無線LAN(FREESPOT)をご利用いただけます。公衆無線LANのご利用は無料です。

本館2階 本館第一閲覧室、本館ホール(南西エリア)
新館2階 新館閲覧室、新館ホール

千代田区立神田まちかど図書館
PC持ち込み ×

ビジネス向けをうたっていない図書館は、PC持ち込みすらNGのところもあります。

1 2





taichou_kさん