出典 www.sinaimg.cn

日本の戦争犯罪人である鶴丸光吉氏の処刑の瞬間。

戦争犯罪裁判にて、検察側は鶴丸氏にペンと紙を与えました。
彼は妻に最後の手紙を書き残しました。
「私の体は異国に埋葬されるが、魂は町に戻るでしょう」

この情報が含まれているまとめはこちら

反日教育の巣窟 「これが南京大虐殺記念館だ」 ~無関心ではいられない真実 日本社会党が資金源だった

中国の反日教育の素材と言われ、日中の政治利用と言われる南京大虐殺記念館。

このまとめを見る