1. まとめトップ

【ドライブに行こう!】さわやか系ギターポップ【洋楽】

流れる景色にぴったり!ドライブ中に聞くと最高に気持ちいいさわやかギターポップを集めました。トラッシュ・キャン・シナトラズやジェームス・イハ、ファウンテンズ・オブ・ウェインなど、90年代のギターポップを中心に選曲。随時更新。

更新日: 2014年11月30日

8 お気に入り 7077 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

流れる景色にぴったり!ドライブ中に聞くと最高に気持ちいいさわやかギターポップを集めました。トラッシュ・キャン・シナトラズやジェームス・イハ、ファウンテンズ・オブ・ウェインなど、90年代のギターポップを中心に選曲。

♪ Song List

1. I've seen everything / The Trash Can Sinatras
2. Obscurity Knocks / The Trash Can Sinatras
3. Be Strong Now / James Iha
4. Beauty / James Iha
5. Speed Of Love / James Iha
6. 1979 (Live) / The Smashing Pumpkins
7. The Girl I Can't Forget / The Fountains Of Wayne
8. Troubled Times / The Fountains Of Wayne
9. Miss Understanding / Jason Falkner
10. Both Sides Now / Jason Falkner
11. Barely Breathing / Duncan Sheik
12. Good Enough / Dodgy
13. Mint Car / The cure
14. Friday I'm In Love / The cure (←2014/11/30追加★)
15. There She Goes / The La's
16. Alright / CAST
17. My Ever Changing Moods / The Style Council
18. She Will Have Her Way / Neil Finn
19. Feathered Girl / Umajets
20. April Fools / Rufus Wainwright
21. Yes / McAlmont and Butler
22. Walking In The Sun / Travis
23. Flowers in the window / Travis
24. Driftwood / Travis(←2014/11/27追加★)
25. Semi-Charmed Life / Third Eye Blind
26. Jumper / Third Eye Blind (←2014/11/23追加★)
27. Bitter Sweet Symphony / The Verve

◆The Trash Can Sinatras

トラッシュキャン・シナトラズ(Trashcan Sinatras)は、スコットランド、アーヴァイン出身のロック/ポップバンドである。
活動初期の音楽性の特徴から日本では「ネオアコ」「ギターポップ」系、あるいはオリジナルメンバーの出身地から「スコティッシュ・ポップ」系とされているバンドである。

・Cake (1990年)
・I've Seen Everything (1993年)
・A Happy Pocket (1996年)
・Weightlifting (2004年)
・In The Music (2009年)

◆James Iha

ジェームス・イハ(James Yoshinobu “Jonas” Iha、日本名:井葉 吉伸(いは よしのぶ)、1968年3月26日 - )は、アメリカ・シカゴ出身のミュージシャンでスマッシング・パンプキンズのギタリストであったことで知られる。

・Let it Come Down(1998)
・Look To The Sky(2012)

アルバム「Let It Come Down」収録

◆The Smashing Pumpkins

1988年、ビリーとジェームスを中心にシカゴで結成。通称"スマパン"。全世界通算アルバム売上は3000万枚超、2000年までにグラミー賞に10度のノミネート、4枚のアルバムがプラチナムに認定されるなど、オルタナティヴ・ロックを代表するバンドである。

・Gish (1991年)
・Siamese Dream (1993年)
・Mellon Collie and the Infinite Sadness (1995年)
・Adore (1998年)
・Machina/the machines of God (2000年)
・Machina II/the friends & enemies of modern music (2000年)
・Zeitgeist (2007年)
・Teargarden by Kaleidyscope (2009年-)
・Oceania (2012年)

◆The Fountains Of Wayne

ファウンテインズ・オブ・ウェイン (Fountains Of Wayne) は、アメリカのロック・バンド。 ジャンルはパワー・ポップにカテゴライズされる。

バンド名の由来は、メンバーのアダムが隣に住むウェイン家の噴水(ファウンテン)からインスピレーションをうけたことによるもの。

・fountains of wayne (1996年)
・utopia parkway (1999年)
・welcome interstate managers (2003年)
・out of state plates (2005年) 
・traffic and weather (2007年)
・Sky Full Of Holes(2011年)

◆Jason Falkner

ジェイソン・フォークナー(Jason Falkner、1968年6月2日 - )は、シンガーソングライター、マルチプレイヤー。ロサンゼルス在住。
スリー・オクロック、グレイズ、ジェリーフィッシュと言ったバンドを渡り歩き、2008年現在はソロを中心とした活動の他に、ロジャー・ジョセフ・マニング・ジュニア(ex.ジェリーフィッシュ)、ブライアン・レイツェル(ex.レッド・クロス)と共に、ティーヴィー・アイズというエレクトロ・ポップバンドを結成しアルバムを発表している。

・Author Unknown (1996)
・Can You Still Feel? (1999)
・Bliss Descending (EP) (2004)
・I'm OK... You're OK (2007)
・All Quiet on the Noise Floor (2009)

ジョニ・ミッチェル[Both Sides Now]の爽快感たっぷりのcoverです。

◆Duncan Sheik

・Duncan Sheik(1996)
・Humming(1998)
・Phantom Moon(2001)
・Daylight(2002)
・White Limousine(2006)
・Whisper House(2009)
・Covers 80's(2011)

1 2 3

関連まとめ