推理小説家森博嗣のミステリー小説

出典すべてがFになる - Wikipedia

森博嗣のデビュー作であるが、もともとはシリーズ第4作として構想された。

デビュー作は派手なほうが良いとの編集部の意向により、第1巻として刊行された。

当初は『すべてがFになる日』として執筆されたが、
編集部の意見により最終的にこの印象的なタイトルに決定した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【理系ミステリー】すべてがFになる!ベストセラー小説がドラマ「S&Mシリーズ」を初映像化

【理系ミステリー】すべてがFになる!ベストセラー小説がドラマ「S&Mシリーズ」を初映像化

このまとめを見る