1. まとめトップ

その分野で大金を稼ぐ成功しているプロの人たち

プロといえばスポーツ選手がすぐに浮かびますが、いろいろな分野にてプロとして生計を立てる人は実に多いもの。卒業後就職しサラリーマンというレールが大半の世の中で、プロとして生きる彼らは魅力的であり、いろいろな生き方を教えてくれる存在。当然自らの力だけでという能力が必要なのは言うまでもなし。

更新日: 2017年02月07日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 2745 view
お気に入り追加

■ニッチな「プロ」の気になる年収は?

●プロゲーマー

海外では「FPS」と呼ばれる3D視点のシューティングゲームを中心に、すでにプロゲーマーと呼ばれる人たちが数多く存在する。ゲームの中で競い合うことを「eSports(イースポーツ)」といい、優勝賞金が1億円という大規模な大会も開催されているのだ。

日本で初めて誕生するプロゲーマーの養成課程でもこの「eSports」を目指すコースがメイン。ちなみに韓国では「子どもたちの将来なりたい職業ランキングの第2位がプロゲーマー」という調査結果もあるのだという。

日本ではまだ馴染みは薄いが、すでに世界的に有名な日本人プロゲーマーも誕生している。その1人が梅原大吾氏で、『ストリートファイター』シリーズなど、対戦格闘ゲームの界大会優勝回数のギネス記録を保持しているツワモノだ。その推定年収は2000万円以上とも噂されている。

海外の「eSports」プレイヤーたちの年収はもっとすごい。公開されている大会賞金の総額ランキングでは、トップ5は全員が中国人で1億円以上を稼いでいる。中国、韓国のプレイヤーが圧倒的に強く、ウクライナやアメリカ、スウェーデンも目に付く。年齢的には20代半ばの若者がほとんどだが、中には30代のプレイヤーもチラホラ。ランキング500位でも大会賞金だけで約600万円を獲得しているほか、スポンサー収入も見込めるので、若くして大金を稼ぎやすい職業といえる。

ただし、世界トップレベルとなるには並外れた動体視力と反射神経が求められ、さらにトップアスリート並みの鍛錬も必要なんだとか。どうしても若いプレイヤーのほうが強い傾向にあるので、年を取るとゲームプレイだけで稼ぐのはきつくなるかもしれない。

●ポーカープロ

ゲーム以上にイメージできない職業が「ポーカープロ」かもしれない。トランプのポーカーは運だけで勝敗が決まるようにも思えるが、手役ごとの勝率、読み、表情や仕草のブラフなど様々な要素が絡み、プロとアマの差がはっきりと勝敗にも表れるのだという。

アメリカではポーカーが非常に盛んで、ポーカーのプロが多く存在。ゲーマーと同じように大会での賞金や、スポンサーとの契約料が収入のメインとなる。日本人で有名なのが、東大卒のポーカープロ・小原直哉氏。2012年の世界大会で見事優勝したときの賞金はなんと5000万円だ!

世界の頂点に立つポーカープロになると、生涯の大会獲得賞金は数十億円にもなるという。全世界で流行しているオンラインポーカーで稼ぐプロも数万人単位でいると推計されている。こういったオンラインポーカーで稼いでいるプロは、年収数百万あたりが平均的な金額だという。

●プロ釣り師

職業として漁師をしている人以外、日本で釣り(フィッシング)だけで暮らしているプロはほとんど存在しない。釣りの中で唯一プロが存在するジャンルがバスフィッシングだが、バスプロといっても大会賞金だけでは年間せいぜい数百万円程度。ボート代や大会への参加費、宿泊費は自腹なので、ほとんどのバスプロたちは兼業でサラリーマンをしていたり、釣具店を経営したりしながら活動しているのが実態だ。

一部、釣り具メーカーから釣り道具を支給されて新商品の開発に協力するテスターや、タレント的に雑誌やメディアで活躍する人もいるものの、趣味と実益を兼ねた副業プロが多いようだ。

●麻雀プロ

麻雀プロとはいっても、もちろん賭け麻雀で稼いでいるわけではない。競技麻雀の大会の賞金などで収入を得ている人たちのことだ。ただし、大会の賞金だけで食べていける麻雀プロは皆無といっていい状態で、トッププロといえども、おもな収入源は雀荘やテレビのイベント出演料や麻雀ゲームのキャラクター版権など。

大多数の麻雀プロはサラリーマンをしていたり、雀荘の店員として働きながら生計を立てているのが実情らしい。最近では、美人雀士として有名な二階堂姉妹をはじめとして、タレント的に活動しているパターンもある。

ちなみに、プロになるには、麻雀プロの団体の試験を受けて合格する必要がある。いわばプロテストで、麻雀の知識・実技を試されるのはもちろん、一般教養や面接、マナーの審査もある。日本には6つの麻雀プロ団体が存在しており、現在プロ雀士と呼ばれる人たちは、基本的になんらかの団体に所属して活動しているのだ。

●ユーチューバー

最近ではYoutubeにゲーム実況などの動画をアップして収入を得る「ユーチューバー」という職業も話題となっている。いってしまえば「動画プロ」で、HIKAKIN、マックスむらい、瀬戸弘司など、人気ユーチューバーの動画には数十万から数百万ものアクセスがあり、Googleからのアフィリエイト収入やスポンサー収入などを合わせると、年収は数千万ともいわれているのだ。
一方で「あれくらいだったら俺にもできる」と人気ユーチューバーを目指して脱サラする人も多くいるが、そのほとんどは討死しているのが実態である。

■米国の9歳少年、 YouTubeで1億円以上を稼ぐ

米国にて、9歳の少年がYouTubeの動画に出演して、一億円以上の広告費を稼いでいます。海外メディアのBusiness InsiderとOddity Centralが伝えていました。
This 8-Year-Old Makes $1.3 Million A Year By Posting YouTube Videos[Business Insider]
This 8-Year-Old Kid Makes Over $1 Million a Year Playing with Toys in Front of a Camera[Oddity Central]
私たち大人が汗水流して働いてるうちに、海の向こうでは9歳の少年が動画に映るだけで1億円ですよ。憎い。私は9歳の少年が憎い。

少年の名前は、Evan(エバン)。YouTubeチャンネルのEvanTubeHD(エバンチューブHD)に、彼の動画がまとまっています。

主な動画としては、おもちゃやお菓子のレビュー。遊んだり食べたりする姿が、プロが編集したかのような構図で写されています。

これらの動画の中には、多いもので5000万回以上再生されたものも。次第に広告費が入るようになっていき、ついには1億3000万円程度の収入に達しました。

もちろん、動画の編集は、彼の父親が行っています。エバン君の父親は、しっかり汗水流して動画を編集していました。

■中国「プロの物乞い」が凄い稼ぎ

中国には人にお金を請うことで生計を立てる「プロの物乞い」が存在するという。しかも、結構稼いでいるらしいという噂だ。真相は闇に包まれていたが、ネットで公開されたある画像によると、稼ぎのいいプロの物乞いは1カ月に18万円以上稼ぐらしい!

中国メディアによると、その画像は北京にある建国門郵便局で激写されたものだという。

このお札は、おじいさんが物乞いをして得た “収入” であるという。この男性は毎月“収入”を郵便局に預けにやってくるそうだ。その額、月に1万元以上(約18万円)にのぼるといい、旧正月や中秋節など行事がある “繁忙期” には2~3万元(約35万~53万円)も預けに来ることも! 

なお、この写真は稼ぎのいい中秋節に撮られたものではないかとのことだ。ちなみに北京における新卒の平均月収は3000元(約5万3000円)ほど。「プロの物乞い」ってそんなに儲かるの!?

郵便局職員によると、やはり、この男性はプロの中でも稼ぎが良い方であるそうだ。彼は江蘇省出身で、ここ数年ずっと物乞いで生計を立てているらしい。2階建ての家を建て、3人の大学生の子供を養っているとのことである。

1 2





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど