天祖神社は、昔の巣鴨村
(今の豊島区のほぼ半分、巣鴨・西巣鴨・北大塚・南大塚・東池袋2~5丁目・上池袋1丁目)の鎮守さまで、鎌倉時代末の元亨年間(1321~1324)に、領主の豊島氏が伊勢の皇大神宮の神さまをお迎えしてお祀りしたのが最初だと言われております。明治6年に天祖神社と名前が変わるまでは、神明社・神明宮と呼ばれていて、江戸時代には十羅刹女堂も境内に祀られていました。

天祖神社のご祭神は、伊勢の皇大神宮と同じく天照大御神さまと申し上げます。天照大御神さまは、皇室のご先祖にあたられ、われわれ日本人の総氏神さまでもあります。人々をいつも見守っておられる、最も貴い神さまです。

出典由緒

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

JR山手線大塚駅周辺の魅力!実はこんなにいいトコロ【東京都】

近年変わりつつあるJR山手線大塚駅の魅力を伝えます。駅なんてガラリ変わってキレイになった大塚駅は、レトロあり、流行ありの素敵な街です。グルメも美味しいお店があるので、近くに来たらぜひ立ち寄ってみては!

このまとめを見る