1. まとめトップ

【起業も】アイデアを買ってくれるサービスで、あなたも一攫千金?【できる?】

アイディアは思いつくけど、それを実際に「お金」につなげるには、個人一人のチカラでは何ともならないことが多いです。ですが、世の中にはアイディアを求めている企業やサービスも存在しているのです。

更新日: 2017年09月17日

tasogare_iriさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
29 お気に入り 28165 view
お気に入り追加

アイディアは浮かぶが、それを形にするところまで進める人は少ない

技術、知識、製作、加工・・・さまざまな要素を持ち得ていない個人では、アイディアを形にすることは難しい

今まで世の中に出てきた商品やサービスの大半は、普段の生活の中の「困った」を解決するために生まれてきたことが多い。

出典greenz.jp

市販価格で10万円を切るプリンタも登場している。今までなら個人ではできなかったことも、新たな機器の登場で可能になっている。

主婦の「困った」は家庭用品のアイディアとして活用されることも多い。半熟卵を作ることのできるこの商品も主婦のアイディアから生まれたもの。

そもそも、アイディアだけを採用してくれるサービスはないのか?

アイディアは多くの人たちが浮かぶもの。むしろ、消費者である立場の人々ではないと浮かばないアイディアもたくさん存在しているはず

イノベーションについても発明と同じ発展が必要である。今や企業家は体系的にイノベーションを行わなくてはならない。企業家として成功するものは、女神の口つけやアイデアのひらめきを待ってはいけない。彼らは仕事をする。大穴は狙わない。

1日1格言again:最高の発明家とか技術者っていうのは、実はアーティストなんだ スティーブ・ウォズニアック 2012/7/14

パソコンは人類が発明した 最高のツールだと思っている 思考を助ける自転車みたいなもんだね 【アップル創業者 スティーブ・ジョブズ】

どんな発明を待ち望んでいますか? — ボタンひとつでコート中に散らかったテニスボールがカゴに集まるしくみ。 l.ask.fm/igoto/45DKECN7…

紙の発明は数千年前、スズメバチの巣からインスパイアされたものらしい。

缶詰と缶切り? 缶詰が発明されたのは1810年だが、缶切りが発明されたのはそれから50年ほど後の1858年。 その間、ノミやハンマー、オノを使用してこじ開けていた。

企業にとって重要なのは発明より革新なのだ。その革新は実はたわいのない夢を大切にすることから生まれる。(井深大)

ワープロも表計算もすごい発明と思うけど、人類を不要に遠回りさせていると思う。 1000年後にはもっとデータ、演算、GUIがすっきりしたアーキテクチャの何かに変わっているはず。 でも、100年後ぐらいでは変わってないかもしれない。

【シャープペンの意外な事実】 シャープペンは今や、家電メーカで知られるシャープが発明した。 シャープペンという名前もシャープの社名からきている。

ビットコインの発明者はサトシ・ナカモトという人物ですが未だに何者かは分かっていません。 しかし正体不明であるにも関わらずノーベル経済学賞にノミネートされたなんて凄くないですか? pic.twitter.com/O18LbKPP46

あるんです。アイディアを受け付けているサービスが!

思い切って「特許」をとってみるのも手か

1 2





1975年生まれ。岡山市在住。セルフ・カウンセリング協会認定心理カウンセラー(現:メンタルケアアドバイザー)。ボランティアで自信回復や婚活に関する悩みに対応する無料のメールカウンセリングに従事中。