1. まとめトップ

前提

チームとは

「多種多様な人材が一つの目標を共有し、その達成のために各メンバーが協力し合うこと」

そもそもチームとは…

何かの目標に向かって集まった組織体

スポーツでいえば勝利を目指してメンバーが集まります。

メンバーというのは、プレーヤーだけではありません。

コーチやスタッフ、サポーターも含めてチームです。

集まったメンバーがそれぞれ果たすべき役割を考えて協力する。

みんなが動くために、全員が共有しなければならない共有ビジョンが必要となります。

「そもそも我々は何のために存在するのか?」

という問いを立てメンバー全員が同じ事をいえる共通言語。

共有ビジョンに基づいて個人のビジョンがでてきます。

一人だけで全部やれるというのは単なる錯覚で、本当は様々な偉大なものの力を借りてはじめて自らの力を発揮することができる。

そしてそれを仕事や学校でも「チームワーク」という。
主にチームワークの定義とは、他人の意見に耳を傾け、建設的に反応し、ときには他人の主張の疑わしき点も善意に解釈し、信じ、彼らの関心ごとや成功を認めあうといった価値観が集約されたものをいう。

しかし巷ではチームワークというとみんなで同じことに取り組むとよく誤解されていることがある。

よくよく考えてみると、当り前のことだがみんなが全員で同じことをやっていたらチームである必要はない。

その人その人の個性や、その人その人の能力が異なり、その異なる力をあわせてみんなで実現したいものに取り組んでいく必要があるからチームを組むのだ。

同じではなく、一体になっているというイメージだろうか。

チームとはある目的を達成するために集まった2人以上の集まりです。将棋をするため、楽しむために集まった2人は仲良しも知れませんがチームではありません。机を運ぶためという目的で呼ばれた2人は集まった瞬間からチームです。

 ワークとは、See→Think→Plan→Doの輪を回しながら仕事をすることです。誰かが考えたことを、指示された通りにやらされているのは、レーバーであってワークではありません。レーバーが仕事だと思っている人は、仕事の結果に責任を持ちません。「結果が悪かったのは指示した方が悪い、自分はいわれた通りにきちんとやったのだから」と考えています。

 チームワークとは目的を共有した2人以上のグループが目的達成のために、S→T→P→Dの輪を回しながら仕事をすることです。

97いいね | 「汗のニオイ」は男同士のチームワークを強めると判明:大学実験結果 irorio.jp/sousuke/201306… (過去記事)

チーム内のコミュニケーション

日本にチームなし

『ザ・チーム 日本の一番大きな問題を解く』(齋藤ウィリアム浩幸著、日経BP社)の著者は、アメリカ・ロサンゼルスに生まれ、世界レベルで活躍する日系人企業家。「80年代に恩恵を受けた日本に恩返ししよう」と8年前から拠点を日本に移したそうですが、その結果気づいたのは「日本にはチームがない」ということだったとか。

ビジネスを成功へと導く「チーム術」〜『ザ・チーム 日本の一番大きな問題を解く』を読んで dlvr.it/2mb0V3

日本では「偉い」人がいるのですが、インターナショナルチームでは「偉い」人がいないということです。インターナショナルのチームでは、「BOSS」や「マネージャ」はいるのですが、彼らが「偉い」という感覚がありません。単なる同僚で違う役割の仕事をしてくれているという仲間という感じです。彼らも私に命令をしてくるなんてことはなく、私に意見を求めたり、チームで一緒に仕事をするのがうまくまわるのに、協力してくれている感じです。 一方日本では「偉い人」が存在するので、「偉い人」にお伺いを立てないと万事何事も進まなかったりします。チーム内でも「偉い人」の順番があって、「偉い人」が若い人に指導をするみたいな雰囲気があります。インターナショナルチームでは、誰も年齢とかを気にしません。自分で考えて、お互いが助け、助けられ、お互い感謝する感じです。だから、基本的に自分で意思決定をして物事を楽に進めることができます。

マサチューセッツ工科大(MIT)のメディア芸術科学の専門家であるAlex Pentland氏は次のように述べています。
高い成果を出したグループと、低い成果しか出なかったグループを調べてみると、約40%の原因は、「メンバーがお互い話しているか」と「グループ外の人と話しているか」という要素に関わるものでした。
グループの成功に関連性が高かった要素は、質の高い会話が公式なミーティング以外の場所で起きていること、でした。

成功するチームの特徴は「短く活発なコミュニケーション」と「グループ外との話し合い」 ift.tt/1nijMCN

チームの前提条件は、お互いの弱みを知ること。理由は、自分の弱みも知らない人と、チームで一緒に働けないから。人間なら必ず弱点、欠点、短所があるものなのだから、本音でお互いの弱点や失敗談を話すことによって信頼感が生まれてくる。そうなれば、別のミーティングで意見が対立したとしても、相手の発言の背後にあるものがわかるようになるというわけです。

チームの最適人数

・チームの最適人数(128ページより)
2つのピザを食べられる人数、つまり6人から8人がチームとして最適な規模。理由は、そのくらいならしっかりコミュニケーションがとれるし、お互いの個性、強み、弱みをわかりあえるからだそうです。規模でいえば15人程度までは友人同士としてやっていけますが、それを超えると友人以外の人が加わるようになるのだとか。amazonのジェフ・ベゾスも同じことを言っています。これはチームづくりに際して参考にしたいですね。

AmazonのCEOジェフ・ベゾスが考えるチームの最適人数は「2枚のピザで足りる人数」 dlvr.it/2bGp6C

1 2





石部統久@mototchen 1963 岡山県笠岡市出身玉島育ち岡山市在住の男 糖尿病、鬱病で服薬 後縦靭帯骨化症
https://mobile.twitter.com/mototchen

このまとめに参加する