1. まとめトップ

【藤田嗣治】の【最期の大プロジェクト】美しきランスの教会とは?

オダギリジョーと中谷美紀がキャスティングされた日仏合作映画『FOUJITA』がクランクインしました。映画の主人公である画家の藤田嗣治(ふじたつぐはる(レオナール・フジタ))が、晩年に手がけたフランスの教会【シャペル・フジタ(chapelle FOUJITA)】についてまとめました。

更新日: 2016年08月27日

5 お気に入り 27381 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

coco55cocoさん

■オダギリジョーが主演の映画『FOUJITA』、来年秋公開予定

1910年代後半からフランスで活躍した画家、藤田嗣治を題材にした作品。世界的にヒットした01年のフランス映画「アメリ」を手掛けたプロデューサーが本作を担当。オダギリの本格的な欧州進出をバックアップする。

■映画の主役である画家、レオナール・フジタとは?

1886年–1968年(スイス チューリヒにて81歳没)
画家・彫刻家。

第一次世界大戦が始まる1年前に渡仏。
猫と女性を得意とし、なかでも「乳白色の肌」とよばれた裸婦像などは人気を博した。エコール・ド・パリの代表的な画家である。

第二次世界大戦中に日本に帰国、陸軍美術協会理事長に就任し戦争画を描いたことで、のちに大批判を受けることになり、傷心のなかフランスに戻る。

1955年にフランス国籍を取得、59年に洗礼を受けレオナール・フジタ(Léonard Foujita)と改名。

参考:wikipedia藤田嗣治

■最期の大プロジェクト、【シャペル・フジタ】(フジタの礼拝堂)

フランスにある、シャンパンで有名な町ランスにあります。(パリからランスへは電車で1時間前後)

住所:33 Rue du Champ de Mars, 51100 Reims, France
http://www.reims.fr/culture-patrimoine/musees-et-collections-permanentes/chapelle-foujita--2000.htm

再びパリに暮らし始め、日本には戻らないと決めたフジタは、1955年にフランス国籍を取得。1959年、72歳の時にランスの大聖堂でカトリックの洗礼を受け、レオナールという洗礼名を与えられます。最晩年には、ランスに感謝を示したいと礼拝堂「シャぺル・ノートル=ダム・ド・ラ・ペ(通称シャペル・フジタ)」の建設を志し、完成から2年後に没しました。

この時の洗礼親が、シャンパンで有名なマム社の経営者ルネ・ラルーでした。

優れた審美眼を持つパトロンであった彼は、G.H.マムの歴史と20世紀絵画の歴史を結び付けました。ユトリロやフジタといった著名な芸術家たちはその才能をG.H.マムというブランドのために提供してくれました。"

以上引用
http://www.ghmumm.com/#/jp/house/26/rene-lalou-the-visionary

■教会はシャンパンのマム社(G,H.MUMM)の敷地内にあります。

基本的に冬季と7月14日はクローズです。
初夏~初秋のオープン日も午後の数時間しかあいていないので、ご注意ください!
(*最新・正式な情報は、ガイドブックや公式な機関でご確認ください。)

■教会のなかに入ってみましょう・・・。

右側のデスクが受付です。

現在は内部での写真撮影は禁止です。

1966年6月から8月にかけて、藤田は礼拝堂の壁一面を、大変計算された絵画装飾で埋め尽くします。流行に流されることを嫌い、自らのスタイルと、礼拝堂の建造にさきがけて学んだ宗教的イメージに満ちた独自の世界に誇りをもっていた藤田は、イタリアルネッサンスの巨匠たちが好んだ古典主義に対する自らの関心を実感します ー彼の洗礼名はレオナールは、レオナルド・ダ・ヴィンチにちなんだものです。

出典フジタ礼拝堂パンフレット

漆喰が乾かないうちに 描かなくてはならないフレスコ画を、80 歳という高齢で一気に描き上げた情熱と気迫が見る者を圧倒す る力強い筆致です。”

http://www.whitedoorwedding.com/overseas/europe/france_fujita/index.html

■このフレスコ画には誰が描かれているでしょうか?

入り口上のキリスト磔刑図の右側には、ひざまずくラルーとフジタの自画像が描かれています。
引用:http://www.mmm-ginza.org/museum/special/backnumber/0908/special01-03.html

こちらの絵には君代夫人も描かれています。

■現在、教会にはフジタ(1968年没)と彼の妻(君代夫人・2009年没)が眠っています。

■彼のアトリエには、教会のための習作が。

Maison Atelier Foujita
(フジタのアトリエ、見学無料)
7-9 route de Gif
91190 Villiers-le-Bâcle

■ちなみに教会で結婚式もできるようです。

1 2