1. まとめトップ

スポーツカーにも負けない!使い勝手のいい国産ホットハッチまとめ

日常での使い勝手もよく、走りも楽しむことができるハッチバック型のスポーツカー、通称「ホットハッチ」を国産のモデルに絞って解説を付けながらまとめてみました。速い順に並べています。

更新日: 2015年11月18日

46 お気に入り 851332 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

fuutokunさん

※サーキットや街乗りでの速さを総合的に見て速い順にならべてみました。

・分かりやすいように速さ別にクラスを作り、分けています。
・私の独断で決めています。

ちょい速クラス

・メーカー ホンダ
・駆動方式 FF
・排気量 1500cc

日常の中で少し非日常を味わいたい人向けの車。
子供ができてスポーツカーから乗り換える人も多い。このクラスでは珍しい6速MTを搭載しており、キビキビした走りを楽しむことができる。

・メーカー スズキ
・駆動方式 FF
・排気量 1600cc

2014年現在、数少ない新車で買えるホットハッチ。日常での使い勝手も良く、ドライバーを育ててくれる車としても人気がある。この車も、このクラスでは珍しい6速MTを選択することができる。

・メーカー 日産
・駆動方式 FF
・排気量 1500cc

日産のワークスメーカー「NISMO」のコンプリートモデル。海外向けのエンジンをチューニングした専用エンジンを搭載し、車体剛性も上げられている。現行マーチで唯一MTを選択することができる。

なかなか速い車クラス

・メーカー トヨタ
・駆動方式 FF
・排気量 1300cc

「かっ跳び」と呼ばれた車の最終モデル。
危険な先代(EP82)と比べると非常に安全に配慮された作りになっている。後続モデルは出ていないが、下記の「YRV ターボ」は発売当時スターレットの再来と言われていた。

・メーカー ダイハツ
・駆動方式 FF
・排気量 1300cc

ATで気軽にスーポーツカー並みの動力性能が楽しめる車。2014年現在、世界最強の1300ccエンジンを搭載している。日常での使い勝手も良く、気軽に楽しむことができる。

・メーカー トヨタ
・駆動方式 FF
・排気量 1500cc

200台のみ販売された希少な車。
専用ターボエンジンに加え、専用シートやオリジナルメーター、さらに日本未導入の3ドアモデルをベースに開発しているなど、メーカーの本気度がうかがえる。

めちゃ速クラス

・メーカー スバル
・駆動方式 FF、4WD
・排気量 660cc

サファリラリーにも出場した唯一の軽ホットハッチ。ターボではなく、スーパーチャージャーを搭載している。「超高密度スポーツ集積マシーン」のキャッチコピー通り、軽自動車の形をしたラリーカー。

・メーカー スズキ
・駆動方式 FF、4WD
・排気量 660cc

軽自動車最速の車。
非常に軽い車体にレースで使われることを想定したエンジンを積んでいる。ノーマルでも速いがライトチューンをするだけでスポーツカークラスに匹敵する力を発揮する。

・メーカー ダイハツ
・駆動方式 FF
・排気量 1000cc

主にサーキット走行を目的に作られた車。
スポーツ走行に関しては文句のつけようがないくらい速い。しかし、中古相場が高く、乗り心地もいいとはいえないため、セカンドカーとしての需要が高い。

スポーツカーまであと一歩クラス

・メーカー 三菱
・駆動方式 FF
・排気量 1500cc

速い車が必要とされていない時代に生まれた漢気ある車。ターボに加えボディ剛性を上げるなど本格的なチューニングがされている。車重が軽く、パワーがあるためものすごい加速をすることができる。

・メーカー マツダ
・駆動方式 4WD
・排気量 1800cc

WRCを制覇した伝説のクルマの後続モデル。
メーカーがWRCから撤退したため、このモデルでは頂点をとることができなかった。
当時のRX-7(FC)に匹敵する210馬力を絞り出すことができる。

・メーカー マツダ
・駆動方式 FF
・排気量 2300cc

前輪駆動車に263馬力のエンジンを積んだ変態車。
しかし、パワーはあるわりに、非常に乗りやすい作りになっており、日常での使い勝手も悪くない。
プレミア感、走り、使い勝手の良さがうまく混ざっている車。

スポーツカークラス

・メーカー ホンダ
・駆動方式 FF
・排気量 1600cc

国産ホットハッチを代表する車。
生産終了から15年たった今でも人気は衰えていない。
NAの1600ccで185馬力を絞り出す高回転エンジンは病みつきになる。

・メーカー ホンダ
・駆動方式 FF
・排気量 2000cc

セダンのシビック タイプR(FD2)のハッチバックバージョン。元々、海外でのみ販売されていた車だが、日本でも限定販売された。FD2に比べると乗り心地が良く、日常での使い勝手も向上されている。

・メーカー スバル
・駆動方式 4WD
・排気量 2000cc

WRCを制するために生まれた変わった、本物のラリーカー。とにかく速く、そんじょそこらのスポーツカーでは歯が立たない。セダンバージョンも追加販売されたが、ラリーではこちらのモデルの方が上。

関連まとめ

1