1. まとめトップ

フィリピン留学マレーシア留学、どっちもしてみて思ったことなど

どっちも短期間な上に、かなり個人的な意見ですが…多少でもご参考になれば

更新日: 2014年09月24日

8 お気に入り 109655 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

安くて近くて・・・で人気のフィリピン、マレーシア留学

マレーシアは、①留学費用が格安、②英語と中国語の同時習得ができる、③欧米豪の大学に編入しやすい、④安全で快適な生活ができる、など日本人のお子様が留学をする上で理想的な環境の国です。多様な人種、言語、文化、宗教というマレーシアならではの環境下で勉強、生活してこそ、真の「国際教育」が可能になります。日本企業の「社内英語公用語化」や更に悪化する「就職難」対策としても有意義な選択肢となります。

フィリピン留学とは何なのでしょうか?キーワードは、

・マンツーマン中心のレッスンスタイル
・欧米留学の半額で英語留学
・学習時間が長い
・全寮制でホームステイはない
・ビザを渡航前に取得する必要がない
・日本から地理的に近い
・南国なので先生が陽気

⇒コストパフォーマンスがありえないくらいに良い!
ということが言えます。そのため、ここ2~3年で一気にブームになってきているのです。

で、両方行ってみた

まずフィリピン

私はセブに行きました

しかしこんな綺麗なビーチは一度も見ませんでした…
時期と場所の問題もありますが… そもそも海自体、一回しか見なかった…

ま、人それぞれですね リア充の方ならば週末を利用して、アイランドホッピングに出かけたり、バンバンビーチに繰り出すことも十分可能でしょう

良かった点

マンツーマンなので自分のペースで進められる

先生が明るい 

日本人主宰の学校に住み込みなので、快適。
食事や洗濯など、余計なことに気を取られずに勉強に専念できる

悪かった点

生徒が全員日本人なので、生活の半分は日本語になってしまう。
英語オンリーにしても、結構グダグダ

慣れてくると先生と雑談になってしまいがち…
ま、これは本人の心がけか…

あと、実際現地では英語よりもセブワノ(現地語)が主流かも…。先生同士は英語ではなくて、現地語で会話してました。
もちろん英語で話しかければ英語で返ってくるけども。

意外だった点

「イギリスやアメリカに留学する前の下準備に来る人が多い」と聞いてましたが、逆に欧米留学したけど身に付かなかったという人たちがちらほらいたのが意外でした。

あとフィリピン人はみんな陽気でフレンドリーです。フィリピンの印象がグッと上がりました!

ではマレーシアはどうか

私が行ったのはペナン。

なぜか島ばっかりだ

1 2