1. まとめトップ

【粋な話】相性・縁起の良いあなたの“向かい干支”はなんですか??【干支に関する裏話】

知っておきたい日本の粋な話です。あなたの向かい干支を探してみましょう♪

更新日: 2014年11月06日

39 お気に入り 162066 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

8spede8さん

▷『向かい干支(むかいえと)』とは?

自分の生まれ年にあたる干支から数えて七番目にあたる十二支の動物

十二支を円状に配した場合、自分の干支と向かいあわせになる動物。

自分を1番目として数えて7番目にあたる

たとえば、子の向かい干支は午、戌の向かい干支は辰になります。












十二支の読み方

「ね・うし・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い」

▷別名『守り干支』

向かい干支は自分の干支とは正反対の性質をもっているため、自分にはないパワーを与えてくれる「守り干支」と呼ばれている。

江戸時代から自分の向かい干支を大事にしていれば幸福が訪れると言われている程のラッキーアイテムだそうです。

作家の泉鏡花さん

向かい干支であるうさぎグッズのコレクターだった。

▷昔からの風習

江戸時代から子供の七五三の着物の背中に母親が刺繍をほどこしたりしてたそーです。

今でも噺家さんや俳優は、着物の柄や小物に向かい干支を愛用しているんだとか。

たとえば、羽織の裏地に向かい干支を忍ばせてたり、根付けとして持っていたり。

▷人間同士の相性

向かい干支の人は正反対の気質をもっているから相性がよく、深い縁(えにし)で結ばれるといいます。

正反対だから相性が悪いではなく、互いに足りないものを補い支え合うという発想で、何事にも福を呼ぶような気がする。

▼参考にさせて頂いたサイト様

1