1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

世界的作家、村上春樹はこうやって英語を身につけた

今や世界どこの本屋に行っても売られている村上春樹。翻訳家としてもいろんな作品を訳されている村上氏ですが、一体どのように英語をマスターしたのか気になったので調べてみました。

更新日: 2014年11月03日

NYANCHUさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4500 お気に入り 821908 view
お気に入り追加

今や日本を代表する世界的作家、村上春樹

今や知らない人はいない作家、村上春樹。その影響力は国内に留まらず、世界でも評価されています。

村上春樹氏の長編小説「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の英訳版は発売された直後、米ベストセラーランキングで首位に

村上作品の国際的な研究拠点を目指し、村上春樹さんの作品を研究する「村上春樹研究センター」を台湾の大学が設立した

台湾では1980年代から村上作品が人気なんだとか

村上春樹の本は今や世界中、どの国に行っても知られているし、各国語に翻訳されて書店に並んでいる

世界中で「Haruki Murakami」は親しまれているんですね

フィッツジェラルドやレイモンド・チャンドラーなど多くのアメリカ文学を訳しています

作家としてはもちろん、翻訳家としても一流。中には、村上春樹の作品よりも彼の翻訳した作品の方が好きという人も多いかと思います

村上春樹の訳は自由度が高いが、その分、訳文としてではなく、一つの小説として読み応えが増し、原作を読んで受ける印象に近い

そんな村上春樹は一体どうやって英語を身につけたの?

海外では英語で有名なスピーチもされている村上春樹。彼は一体どうやって英語を身につけたのでしょうか?

村上さんは、「当時の英語教師が、今僕が外国小説の翻訳をしているといったら驚くでしょう」とインタビューで答えるほど高校時代は英語が苦手だったという

村上春樹「高校時代は英語は苦手科目だったけど、その後好きな洋書を読みあさって、英語力が上がった」

やはり好きこそものの上手なれということでしょうか。

「わからないところがあってもとにかく全部読む。単語は後ででもいいから、辞書でいくらでも調べるようにする」

一旦は分からなくても、まずは読み通すことが大事

過去にフルマラソンを何度も走っている村上春樹氏。強靭な精神力は英語学習にも発揮されていました。

英語を読めるようになるには英語を読むしかない。かわりに英文を持ち歩く。それを読む。英語以外はダメならば、英語を読むしかない

村上春樹の英語勉強法を一言で表すなら「Just do it(行動あるのみ」

そんなことしたら、日々の情報や話題はどうするのか?村上氏は「それが何か?」と言う。日々必要の情報は本当に必要なのだろうか

ここまで言われると、反論できない…

耳が痛い…英語学習に関する村上春樹のコメント

僕の経験からいうと、外国語というのは、必要に迫られればある程度は話せるようになる。逆に言えば、必要に迫られなければまず駄目

日本語で歌って音痴な人が英語で歌っても音痴なのと同じ理屈ではないですか?日本語で文章を書くのが苦手な人がどれだけ英作文を習ってもおのずから限界があるのと同じである

まずは日本語が上手くないということですかね…トホホ

ごく当たり前の一般市民にとっては、英会話教室なんてはっきり言ってまあ頭の訓練にはなるかもしれないけれど―授業料と時間の無駄

これは耳が痛い…

英会話やライティングに使えそうな村上春樹のアドバイス

自分が何を言いたいのかということをまず自分がはっきりと把握すること。そして、そのポイントを、なるべく早い機会にまず短い言葉で明確にすること

自分がきちんと理解しているシンプルな言葉で語ること。難しい言葉、カッコいい言葉、思わせぶりな言葉は不必要である

大事な部分はできるだけパラフレーズする(言い換えること)。ゆっくり喋ること。できれば簡単な比喩を入れる

英語を学ぶなら村上作品の英語版がおすすめ

日本語でも読みやすい村上春樹の作品ですが、実は英語版もかなり読みやすいんです!おまけにペーパーバックのデザインもお洒落なのでオススメです

村上作品は、本人がアメリカ文学の影響を強く受けていらっしゃるためか、日本語がまるで英語を和訳したような文体になっているため、その英訳版の小説を読むと、実に簡潔な文章で構成されている

英語で読んでも村上春樹は村上春樹。英語でも彼独特の文章の名残があって、まるで最初から村上春樹が英語で書いているよう

1 2





NYANCHUさん

大学生です。暇な時にまとめ作ってます。まだまだ初心者ですがよろしくお願いします



  • 話題の動画をまとめよう