1. まとめトップ
  2. カラダ

意外と気になる…?口臭をキツくさせる7つのNG習慣

会話しているときや朝起きたときなど、様々な場面で口臭が気になることがあります。生活習慣に問題があると、口臭を発生する原因になることがあります。どのような習慣が口臭を悪化させているのでしょうか?

更新日: 2014年09月26日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
210 お気に入り 154374 view
お気に入り追加

●口臭の原因は、生活習慣にあり?

口が臭いのはわかっているけれど、歯を磨いてもやっぱり時間が経つと口臭が強くなってしまうなんてことはありませんか?

生活習慣に問題があると、口臭を発生する原因になります。

健康状態に問題がなくても空腹時や起床直後など、口の中が乾燥した状態にあると発生しやすくなることが知られています。

・口臭には唾液の量が関係している?

私達の口内は唾液の殺菌力によって雑菌の増殖が普段は抑えられています。

しかし、唾液が減少し殺菌力が弱まってしまうと、口内の細菌が増加し口が臭くなってしまいます。

●口臭をキツくさせる7つのNG習慣

1.朝食を抜いてしまう

朝食を食べないでいると、唾液の分泌が悪くなり、それが原因で口臭が発生してしまいます。

ただでさえ朝方は唾液の分泌力が低下しているのに、ここで分泌させないことで、どんどん口臭がひどくなります。

朝食を抜きにしてコーヒーのようなカフェイン飲料だけで済ませると、ドライマウスになって口臭を招くことになりかねないとのことです。

2.歯を磨かない

歯を磨かず口の中に食べカスが残っていると、それが細菌のエサとなって、寝ている間に細菌の数が恐ろしいほど増えてしまいます。

3.朝食の後に歯を磨く

”朝食の後に歯磨き”を習慣にしている人も多いかもしれませんが、実はこれは間違い!

細菌を朝食と一緒に体内に入れてしまいたくなければ、朝食前に歯磨きしちゃいましょう。

4.よく噛まずに早食いをする

物を食べるときによく噛まないでいると、唾液があまり分泌されないため、口臭の原因となります。

また、早食いは食べ物が大きいまま飲み込みますので、胃にも多大な負担をかけています。

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。