1. まとめトップ

妊婦にでもできる美容法まとめ(シミそばかす・むくみ取りなど)

妊婦だってきれいでいたい!運動制限、美容の制限、食事制限・・いろいろ制限がある中で、楽しめる美容法をまとめました。ただいま妊娠後期の、おうち美容マニア妊婦です。

更新日: 2014年09月24日

19 お気に入り 54080 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

adhdmotherさん

妊婦は、むくみやすいですし、しみ、そばかすもできやすいんです!
また、ムダ毛が増えたりもします・・おへそ回りとか。
でも、レーザーなどの効果の出やすい美顔はエステでも、美容外科でも断られます。

TLがムダ毛ネタですごいけど、毛って大事な部分だから守ろうとして生えるんやで? 妊婦さんとかお腹にめっさ産毛生えてるよ

なんか今日ずっと手が痺れてるなぁーって思ってて調べたら妊婦さんあるあるなのね。むくみからきてるんだって。本当妊婦って大変だな

足のむくみ解消法〜妊婦さんにもおすすめ ずっと同じ姿勢でいない 座ってばかり、立ってばかりはむくみの原因に。 横になったり散歩したりとメリハリをつけましょう。 無理は禁物です。

@haakacham ギャー((((;゜Д゜))))) ダメよ~ 妊婦はシミとか出来やすいから、UVケアは必要よΣd(≧∀≦*)

顔のくすみやシミが増えたor目立つようになったって妊婦さん多いのですが、それは妊娠してホルモンによって顔に血液が集まりやすくなり、シミやくすみを目立たせるようになってしまうのです。気になる人は、ファンデを少し明るいものに変えてみて。 pic.twitter.com/uz72iLfGfo

フラッシュ(光)やレーザー脱毛による施術は子宮や胎児に悪影響を与えるものではありません。
しかし多くのエステでは妊娠中の施術は断られます。
なぜ子宮や胎児に悪影響を与えないというのにダメなのでしょうか?
理由としては、脱毛時の痛みによる陣痛の誘発や、痛みによる刺激やストレスが母体に良くないため、万が一のトラブルに対応できないためです。

エステサロンでは、妊娠による休会、延長が不可な場合は損をしてしまうので注意しましょう。

Q.妊娠中に美容外科でレーザー治療を受けても問題はない?
A.妊娠中よりも、妊娠後のレーザー治療をおすすめします。
妊娠中はホルモンバランスの乱れからシミが出やすくなったり、シミが濃くなったりということが起きやすくなります。美容クリニックによっては、レーザー治療が可能なところはありますが、多くの美容クリニックが妊娠中のレーザー治療は控えているようです。

痛みについての感受性は人によって違い、中には痛みに対する恐怖心、施術に対する緊張などの心理的ストレスから、子宮が収縮してしまうこともあるのです。妊娠中は、シミが出やすく、増えやすいので、せっかくのレーザー治療の効果を得にくいということもありますので、出産後の治療を考えられた方が良いと思います。
・・・とのことです。たいていのレーザー美容、脱毛はエステでも、美容外科でも断られます。

妊娠中のヘアカラーやパーマは大丈夫?

妊娠中にヘアカラーやパーマをすると、毛穴から薬剤が染み込み、血液に混ざりこんだ薬剤が赤ちゃんへ伝わり、赤ちゃんに何らかの影響を与える可能性があると考えている方も多いようです。ですが、染料やパーマ液が毛穴を通って赤ちゃんへ届く・・・なんて事は医学的に今のところ根拠が無いそうです。

液の体への影響よりも、むくみ、同じ姿勢を維持すること、液のにおいなどに気を付けたほうがよさそうですね。
美容院は、出産前にカットだけ済ませる人が多いようです。

レーザー美顔を断られても、おうちでのローションパックなら手軽だし、安全です!!ビタミンC誘導体など、シミ・そばかす対策に!!

ヴェレダのマサージオイルも人気ですね!!足のむくみを取るならば、クリーム系よりもオイルのほうが滑りがよくて、マッサージしやすいですね!

マタニティーママさんたちにも人気の、マッサージオイル!バイオイルでのオイルマッサージで、妊娠線の予防や、むくみ取り対策をしている人も多いです。
管理人も使ってみましたが、軽い付け心地でさらっとなじむオイルです。

1