1. まとめトップ

大谷吉継の伝説・逸話

戦国武将、大谷吉継の魅力・伝説・逸話

更新日: 2015年01月04日

30 お気に入り 507727 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

GOLDSANSOXさん

【大谷吉継】

大谷 吉継(おおたに よしつぐ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名である。

越前敦賀城主。名前については「吉隆」ともされ、大谷刑部(ぎょうぶ)の通称でも知られる。業病を患い、晩年は頭を白い頭巾で隠していたとも言う。

【秀吉の家臣時代】

豐臣 秀吉(とよとみ ひでよし)羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・天下人・関白・太閤。三英傑の一人。

■兵法の天才

大谷吉継はかなり高い評価を得ていた武将だった。豊臣秀吉は「大谷紀之介(吉継)に100万の軍勢を与えて、自由に軍配を指揮させてみたい」と語った。

【ハンセン病】

■輿に乗って戦う武将

ハンセン病を患っていたと言われており(梅毒説もある)、常に顔を白い布で隠していたことで有名。末期になると馬に乗ることも難しく、4人担ぎの輿に乗り紙の鎧兜を付けて指揮に当たっていた。

【石田三成との友情】

石田 三成(いしだ みつなり)は、安土桃山時代の武将・大名。豊臣氏の家臣。豊臣政権の五奉行の一人。
関ヶ原の戦いにおける西軍側の主導者として知られている。

■顔の膿が落ちたお茶を飲む三成

茶の湯の席でお茶を回し飲みする際、吉継が口をつけた湯飲みには誰も口をつけなかった(病気がうつると思われたため)が、ただ1人石田三成のみが気にせずに茶を飲んだ。

■三成は人望がないから負ける。が・・・

関ヶ原の戦いでは親友・石田三成に挙兵を持ちかけられる。その際には、無謀だと諫め説得するも、三成の出兵を止められないと悟り、負けるとわかっている西軍に参戦する。

【関ヶ原の戦い】

■15000対600

小早川秀秋隊1万5,000人が東軍に寝返り大谷隊を攻撃するが、予てから小早川隊に備えていた直属の兵600で迎撃。

更に前線から引き返した戸田勝成・平塚為広と合力し、兵力で圧倒する小早川隊を一時は500メートル押し戻し2、3回と繰り返し山へ追い返した。

しかし吉継が追撃を仕掛けたところへ、秀秋の裏切りに備えて配置していた脇坂・朽木・小川・赤座の4隊4200人が東軍に寝返り突如反転、大谷隊に横槍を仕掛けた。

これにより大谷隊は前から東軍、側面から脇坂らの内応諸隊、背後から小早川隊の包囲・猛攻を受け防御の限界を超えて壊滅、吉継も自害した。

■裏切りを予測していた

小早川秀秋の裏切りを予測し、秀秋と三成の間に布陣している。

1 2