出典 journeyingtothegoddess.files.wordpress.com

ヴァハ(Macha)

その名は「戦」、または「怒り」を意味する。

馬、戦い、豊饒、および主権を司ると言われる。赤い髪に真っ赤なドレスとマントに身を包み、赤い一本足の馬に引かせた戦車で戦場を駆け巡る。戦士達を戦闘の狂気の渦へ導くとされている。モリガンが魔法の他に槍を用いて戦うのに対しマッハは常に魔法のみを用いて戦う。戦死者の首を食べるとされ、「ヴァハの木の実の餌」と呼ばれるケルトの敵の首を門に飾る風習は彼女への供物だといわれている。

この情報が含まれているまとめはこちら

人と神々の戦い『ケルト神話』まとめ

ヨーロッパの文化に大きな影響を与えたケルト人。彼らが語り継いできた伝承には、英雄や神々、そして妖精たちなどが多く登場しています。口伝えで継承されてきたケルト人の神話をまとめます。

このまとめを見る