1. まとめトップ

はちみつとメープルシロップの違いって何?【美容にも注目】

蜂蜜とメープルシロップ。普段あまり意識はしていませんが、実は大きな違いがありました。原材料としてだけではなく、栄養価も異なります。女性に嬉しい!

更新日: 2017年06月12日

51 お気に入り 515095 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

luseataさん

■知ってる人は知っている

はちみつとか砂糖のかわりにメープルシロップいいね。あの甘い香りが癒される

⊿はちみつとは

蜂が分泌する酵素で花の蜜に含まれるショ糖がブドウ糖と果糖に分解された、言わば天然の転化糖

その際、ミツバチは吸った花の蜜を、水分を減らすために口を使ってネバネバと引き延ばす。

この時にミツバチの唾液に含まれる酵素が作用して、ショ糖である花の蜜をブドウ糖と果糖に分解されるのだ。

蜂蜜は蜜蜂が採取した花蜜を体内で葡萄糖等に分解した蜜で強い殺菌力があり、

そのため賞味期限{設けられてるが腐らない(糖度も高いので),風味の保証}は実質ないと考えてよい。
常温保存が適しています

ボツリヌス菌が含まれている場合(約5%の蜂蜜に含まれる)、乳児に食べさせると中毒症状になる事があります。

一歳未満のお子様に生のはちみつは与えないようにしましょう。

(蜜蜂が寄る)花の種類により、例えばレンゲなり、クローバーなりによって、微妙に風味が異なり得る

⊿メープルシロップとは

メープルシロップは砂糖楓等の樹液を採集し煮詰めて濃縮した琥珀色の主成分が蔗糖のシロップで、蜂蜜よりもカロリーは低く、カリウムやカルシウム等は多く含んでいます。

はちみつよりヘルシー。

メイプルシロップは"北米原産で、その葉がカナダ国旗にも用いられている、砂糖楓"の樹液を濃縮したもので、ホット(orパン)ケーキの他にワッフルを食する際に、引立て役として往々にして用いられます。

かえでの樹液だったのですね。
カナダのケベック州では、メープルシロップの世界総生産の80%を生産しているらしい。

メイプルシロップは、とてもいたみやすく、開栓後は冷蔵庫にいれて、なるべく早くいただかないと、すぐかびてしまいます。

■メープルシロップは美容に良い!

はちみつも美容効果がとても高いことで有名ですが、メープルシロップに含まれるカルシウムは、はちみつのなんと37倍!

そんなに?!

まずカロリーの点に注目すると、ハチミツは100gあたり294kcalでメープルシロップは257kcalと、メープルシロップの方が少ない。

さらに、血糖値の上昇指数もメープルシロップの方が低いので、血糖値が気になる人にはありがたい食品

またカリウムやカルシウムなどのミネラルも、メープルシロップの方が豊富である。

100グラム中、カリウムはハチミツが13mgしかないのに比べ、メープルシロップは230mg。カルシウムは、同ハチミツが2mgなのに対し、メープルシロップは75mg含んでいる。

⊿ポリフェノールがいっぱい

ポリフェノールには強い抗酸化作用がありますが、カテキンやアントシアニン、レスベラトールなどいくつか種類があります。

メープルシロップにはこのポリフェノールが54種類も含まれることがわかりました!

糖化というのは体内の余分な糖分が蛋白質と結びつく反応

糖は人間にとって大事なエネルギー源であり、糖がなければ脳も身体も動きません。

1 2