1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

21年ぶりの屈辱…地元ファンの拠り所のマー君が唯一神みたいになってる

2年連続でプレーオフを逃してしまったヤンキース。来シーズンマー君に寄せられる期待は、計り知れないものがありそうです。

更新日: 2014年09月26日

19 お気に入り 69433 view
お気に入り追加

■ヤンキースのプレーオフ進出の可能性がなくなった

イチローは9回代打で登場したが、サードフライに倒れ、チームも5-9で敗戦。

ヤンキースは24日(日本時間25日)、オリオールズに逆転負けを喫し、プレーオフ進出の可能性が完全に消滅。

○ジーターの有終の美を飾れず

デレク・ジーター内野手は「ここにいる全ての人にとってつらい日だ。チームもファンもプレーオフを期待していた」と沈んだ声だった。

残り1本に迫っていた王さんの記録に並ぶ21年連続100安打はお預けとなった。

158試合目での終戦に「それ(プレーオフ進出がなくなる)に至るまでのことはいろいろとあると思う」と冷静に受け止め、「最後のジーターのシーズン。それに尽きるんじゃないですか」と言葉をつないだ。

■そんな中マー君の存在はヤンキースや地元ファンにとって希望の光となっている

○復帰戦の圧巻のピッチングに皆から賞賛の声

右ヒジ靭帯(じんたい)の部分断裂により戦列を離れていた田中将大(ヤンキース)が9月22日、75日ぶりにメジャーのマウンドに帰ってきた。

メジャー復帰戦は70~75球と球数を制限された中、試合をきっちりと作った。最速93マイル(約150キロ)を計測するなど、故障前と変わらぬ姿を印象づけた。

先発で70球を投げて5回1/3を5安打1失点、4奪三振で7月3日以来の13勝目(4敗)を挙げた。

イチローも感心した様子

「(復帰戦で好投の田中将は)何も変わらない感じがした。ピッチャー、という感じですね。バッターはなかなかそうもいかないでしょう」

観戦していたまい夫人も大喜び!

地元NYのデイリーニューズ紙も「Masahiro Tanaka stellar in return for Yankees(ヤンキース復帰戦でスターの輝き)」と賞賛

「タナカはマウンドを降りる際、大観衆からスタンディングオベーションを受けた。ダグアウトに戻る際、珍しいことだが、キャップに手をかけ、観衆に応えた」と報じている

田中は試合後、「明日以降の状態も大事になってきますが、無事に投げ終えられたので、ホッとしております! また次に向けてしっかりと調整していきます!!」と心境を伝えている。

■しかしマー君の次回の登板にもファンは大反対

復帰戦の前にも、ファンの7割近くが復帰登板に反対しており、今シーズンは休養することをマー君に望んでいた。

復帰登板から一夜明けた田中将大投手(25)の右肘に異常がなく、予定通り27日(日本時間28日午前2時5分開始予定)のボストンでのレッドソックス戦に起用することを明らかにした。

「何を考えているんだ。一度試して大丈夫だったのなら、もう十分だ」「なぜまたリスクを冒す」「来季、田中は絶対に必要。患部を100%回復させるためには休養が必要だ」

1 2





トシゾウ3000さん

気になったことをまとめます。皆さんのお役に立てれば幸いです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう