1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【韓国】初めてのソウル旅行!おすすめグルメ・観光スポット厳選34

韓国・ソウルの定番エリアや女性に人気のお土産・コスメショップを厳選!評判の世界遺産巡りや大人気の焼肉店など、韓国ソウルのグルメ情報や最新人気スポットを紹介します!

更新日: 2018年09月23日

1664 お気に入り 4507943 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

◆観光スポット 厳選18
◆グルメ 厳選12
◆お土産・お買い物 厳選4

★★★観光スポット★★★

◆景福宮(キョンポックン)

ビルが立ち並ぶソウル中心部の一角に、壮厳な佇まいを見せる景福宮(キョンボックン)があります。朝鮮時代(1392~1910)の正宮として、王の政務の場、王の生活の場として知られています。その後も多くの宮殿が建てられましたが、これほど壮大な規模を誇るものは他になく、韓国を代表する古宮のひとつに挙げられます。また、名園の慶会楼(キョンフェル)と香遠池(ヒャンウォンジ)もそのままの姿で残っており、四季折々の美しい景色を眺めることができます。

電話番号:02-732-1931
住所:ソウル市鍾路区世宗路1-56
서울특별시 종로구 사직로 161
開場時間 9:00~18:00
火曜定休
交通 ・地下鉄3号線景福宮(キョンボックン、Gyeongbokgung)駅 5番出口すぐ

◆明洞(ミョンドン)

ソウル最大の繁華街で日本語が通じやすく、観光客に人気NO.1なのが明洞(ミョンドン)です。コスメやファッション専門店などのショップだけでなく、エステやレストラン・ホテルまで充実!夕方になるとメインストリートに屋台も登場し、ソウル初心者からリピーターまで楽しめます。

地下鉄4号線明洞駅と地下鉄2号線乙支路入口(ウルチロイック)駅は徒歩圏内なので、他エリアへの移動の際は地下鉄の駅を使い分けてみましょう!

◆Nソウルタワー

南山(ナムサン)の頂上にそびえ立つソウルのランドマーク「Nソウルタワー」。1969年にテレビやラジオを首都圏に送信する韓国初の電波塔として誕生し、現在も全国の約50%の世帯がソウルタワーの電波搭を通して視聴しています。1980年に「南山ソウルタワー」として一般公開されてからは、観光だけではなく地元の人のデートコースとしても人気の定番スポットになりました。その後、2005年に「先端と自然の調和」というコンセプトのもと、大々的なリモデリングが行われ「Nソウルタワー」として生まれ変わりました。

電話番号:02-3455-9277
住所:ソウル市竜山区龍山洞2街山1-3
서울특별시 용산구 남산공원길 126
営業時間 10:00~23:00(金・土曜は24:00まで)
交通 ・地下鉄4号線明洞(ミョンドン、Myeong-dong)駅 3番出口 ケーブルカー乗り場まで徒歩15分
・地下鉄4号線明洞(ミョンドン、Myeong-dong)駅 4番出口 南山オルミ乗り場まで徒歩10分

◆北村韓屋村(ブッチョンハノクマウル)

観光客に人気の仁寺洞から、地下鉄安国駅を隔てた反対の北側にある北村韓屋マウル。苑西洞、斎洞、桂洞、嘉会洞、仁寺洞で構成されたこの地域は、清渓川と鍾路の上町内という意味で「北村」と呼ばれ、景福宮と昌徳宮の間の道に位置するため、権力を持つ家門や王族など両班と呼ばれる上流階級の居住地でした。
狭い路地には、朝鮮時代(1392~1910)末に建てられた伝統韓屋から、最近建てられた真新しい韓屋まで、時代別の韓屋がぎっしりと並びます。

◆昌徳宮(チャンドックン)

14世紀後半から20世紀まで続いた朝鮮王朝の古宮のうちの一つ。保存状態に優れ、自然と建築との調和している美しさがあります。ユネスコの世界文化遺産に選定されており、広い敷地内は見どころが豊富です。敦化門、闕内各司、仁政殿、宣政殿、煕政堂、大造殿、誠正閣、楽善斎があります。

電話番号 02-762-8261/9513
住所 ソウル市鍾路区栗谷路99
서울시 종로구 율곡로99
営業時間 <一般観覧>
(2-5月、9-10月)9:00-18:00
(6-8月)9:00-18:30
(11-1月)9:00-17:30
休業日 毎週月曜日(ただし公休日と重なった場合は除く)
交通 1)地下鉄3号線アングッ(安国・An-guk・328)駅3番出口を出てまっすぐ。徒歩約5分。
2)地下鉄5号線チョンノサンガ(鍾路3街・Jongno-sam(3)ga・534)駅6番出口をでて、目の前の通り(トンファムンロ)を左へ。徒歩約7分。

◆世界遺産 宗廟(チョンミョ)

静けさと荘重な雰囲気が漂う宗廟(チョンミョ)は、朝鮮王朝歴代の王と王妃、および没後に位を贈られた王と王妃の神位(位牌)が安置されている、王室の霊廟です。当時、国教とされた儒教の思想に基づき造られた建物は、霊廟らしく控えめな装飾で素朴な印象を与えます。しかし、訪れる者を圧倒する独特の空気感が存在するのは、約500年という朝鮮王朝の歴史がこの場所に集約されているからでしょう。1995年には、その優れた建築様式と歴史性の高さから、ユネスコ世界文化遺産に登録されました。

電話番号:02-765-0195
住所:ソウル市鍾路区鍾路155
서울 종로구 종로 157
開場時間 9:00~18:00
火曜定休
交通 ・地下鉄1号線鍾路3街(チョンノサムガ、Jongno3(sam)-ga)駅 11番出口 徒歩3分

◆徳寿宮(トクスグン)

出典ameblo.jp

徳寿宮は元々は朝鮮時代の王族が住んでいた邸宅でしたが、朝鮮時代中期、豊臣秀吉による壬辰倭乱(文禄・慶長の役)が起こり、ソウルのほとんどの宮殿が破壊されました。そのときに一時的に王の居所がここに移され、以来、宮殿としての性格を持つようになりました。
徳寿宮の建物のほとんどは伝統的な韓国の建築様式ではなく、西洋の建築様式によって建てられたものです。19世紀以後、新しい西洋の文明が朝鮮に入るようになり、朝鮮の国力は衰えるようになりました。そして、王朝の象徴であった徳寿宮も壊されてしまいましたが、朝鮮末期、まだ国力が微弱だった朝鮮の悲しみが深く染み込んだ王宮と言えるでしょう。

電話番号 02-771-9955
住所 ソウル特別市 中区 貞洞 5-1
서울특별시 중구 정동 5-1
営業時間 9:00~21:00※入場は閉園時間1時間前まで
休業日 月曜日(ただし祝日と重なった場合は開館)
日本語 可
支払方法 ウォン、カード(JCB,visa,master,amex)
交通 ・地下鉄1号線市庁(シチョン、City Hall)駅 2番出口 徒歩1分

◆仁寺洞・鍾路(インサドン・チョンノ)

書道・骨董品など伝統の香り高いアートの街が仁寺洞(インサドン)です。仁寺洞のメインストリートには伝統工芸品や伝統茶屋が集まり、一歩路地に入ると昔ながらの韓屋(ハノッ)を利用した韓定食店やマッコリが飲める居酒屋があります。鍾路(チョンノ)の鐘閣(チョンガッ)駅周辺は若者向けの繁華街で、語学学校や居酒屋が集まっています。

◆光化門広場(クァンファムンクァンジャン)

景福宮(キョンボックン)の正門「光化門(クァンファムン)」から市庁(シチョン)方面へと続く世宗路(セジョンノ)。ソウルの心臓部ともいえるこの場所に、2009年8月1日午後12時、1年3カ月間の工事を終え、「光化門広場(クァンファムンクァンジャン)」が誕生しました。朝鮮時代、「六曹通り(ユッジョコリ)」と呼ばれ、王や商人、庶民たちが行き交う首都・漢陽(ハニャン)の中心道路だった世宗路。これまで16車線の道路が走っていましたが、中央6車線を廃止し、その空間に幅34m・長さ557mの広大な広場が造成されました。

電話番号 02-724-0114
住所 ソウル特別市 鍾路区 世宗路, 光化門~世宗路交差点
서울특별시 종로구 세종로, 광화문~세종로사거리
営業時間 24時間
交通 ・地下鉄5号線光化門(クァンファムン)駅 9番出口直結

◆南大門 (崇礼門)

1398年に朝鮮王朝初代王である太祖(テジョ)によって建立された「崇礼門(スンネムン)」。朝鮮の首都、漢陽(ハニャン、現在のソウル)を取り囲む城郭の正門としての役割を果たしていました。城郭には8つの大小門が作られていましたが、そのうち最も南側にあったため南大門(ナンデムン)とも呼ばれています。

◆板門店・DMZ(非武装地帯)

ソウルから北西へわずか50kmの場所にある板門店は、映画『JSA』でも有名な南北の兵士が共同で警備を行う緊張と対立の現場です。TVのニュースでしか接する事のない南北分断の現状を、直接肌で感じられる貴重な時間となることでしょう。板門店はもちろん、都羅山(トラサン)や都羅展望台、第3トンネルなどDMZ(非武装地帯)内の各スポットは個人で訪問できないため、ソウル発着のツアーの利用が便利です。

1 2 3 4