1. まとめトップ

【アニメ】【2009年】に放送開始された作品から面白いものを10個選んでみました!!

2009年度放送開始されたアニメから面白いものを10作品を集めてみました!!けいおん!!などメジャータイトルが多く放送開始された年が2009年です!ぜひお楽しみください!!

更新日: 2014年10月08日

40 お気に入り 129384 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

47xxさん

けいおん!

出典ameblo.jp

第1期が2009年4月から、第2期が2010年4月から放送された。いずれも深夜アニメとして放送された。
アニメーションの制作は、その作風に熱狂的なファンが多い京都アニメーションが手掛けており、これが放送前からの注目や作品の人気に繋がったとも言われる。アニメ版では本作の主題でもある日常描写に多くの動画枚数を割くことで、登場人物たちの何気ない仕草や目線の動きから心の機微まで察することができるような、実在感のある描写が行われた。

ストーリー

唯・澪・律・紬が入学した時点で桜が丘高校軽音部は前年に部員全員が卒業したため部員数が0となり、新たに4人の部員が入部しなければ廃部となる状況だった。そのため軽音部に入部を希望していた田井中律は自ら発起人となり、幼なじみの秋山澪を半ば強引に入部させ、合唱部の練習場所と間違えて二人のいた音楽室にやってきた琴吹紬も勧誘し、部員数を3人にする。そこに軽音部を「軽い音楽をする部活」と勘違いした平沢唯が4人目として入部したことで、軽音部はなんとか廃部を免れることができた。更に翌年、新入生の中野梓が入部したことで部員数は5人となる。 部長は律、顧問は山中さわ子が務める。第1音楽室の隣にある準備室を部室に据える。バンド名はメンバー各自が考えた末決めることができず、顧問のさわ子によって勝手に「放課後ティータイム」(テレビシリーズではHTTと略称することも)と命名された。以降このバンド名で活動し、アニメ版では唯が考え出した温泉マークの下にティーカップを描いたものをロゴマークとしている。

07-GHOST

2008年11月にアニメ化されることが決定し、2009年4月から9月まで読売テレビ他でテレビアニメが放送された。全25話。
2011年10月現在、DVD全13巻の販売数は56000枚に達している。アニメの次回予告はラブラドール役の宮田幸季が担当している。

かつて人間世界にフェアローレンと名乗る死神が現れ、世界に災厄を振りまいた。しかし天界の長が遣わした07-GHOSTという7人の死神によってフェアローレンは封印され、世界は平穏を取り戻した。
時は過ぎ、物語の舞台・バルスブルク七大陸はラグス王国とバルスブルク帝国という2つの超大国によって治められていた。ラグス王国はミカエルの瞳、バルスブルク帝国はラファエルの瞳という魔石によって守護されており、両国は不可侵条約を結び、平和を維持していた。しかし、あるときラグス王国が教会からパンドラの箱を奪い、更にラファエルの瞳をも得ようとしてバルスブルク帝国と戦争になった。この戦争はラグス戦争と呼ばれ、戦争の結果ラグス王国は滅亡し、王族も断絶したとされた。
ラグス戦争終結から10年後、主人公テイト・クラインはバルスブルグ帝国軍に入隊するべく士官学校で生活を送っていた。彼は幼少期の記憶を失っていたが、ある日、自分がラグス王国最後の王の息子であることと、父を帝国軍参謀長官・アヤナミに殺されたことを思い出す。記憶を取り戻したテイトは怒りの衝動からアヤナミに襲いかかるが、力及ばず投獄されてしまう。

戦国BASARA

2009年4月1日より中部日本放送 (CBC)・毎日放送 (MBS) との共同製作で、この2局およびTBSテレビほか一部TBS系列局にて放送された。全13話。

ストーリー

「戦国BASARA」は、伊達政宗と真田幸村を中心に、各地の有名な戦国武将たちが面白おかしく暴れ回るという内容です。織田信長率いる織田家が悪役(魔王扱い)になっており、最終的には各地の武将たちが同盟して打倒信長を目指すことになります。
作画はProduction I.G.なので非常に美しく、迫力があります(ただしゲームのCGとはかなり違います)。

東のエデン

2009年4月より6月までフジテレビ『ノイタミナ』枠で放送されたテレビアニメ。

ストーリー

2010年11月22日 月曜日、日本各地に10発のミサイルが落下した。『迂闊な月曜日』と呼ばれたこの事件は、奇跡的に1人の犠牲者も出なかったこともあり、人々は次第に危機意識を失っていった。それから3ヶ月後、11発目のミサイルが旅客機を直撃した。
その頃、大学卒業旅行でホワイトハウスを訪れていた森美 咲は、滝沢 朗と名乗る同い年の男性にトラブルを救われる。滝沢は記憶を失っており、全裸姿であったが、82億円の電子マネーが入った風変わりな携帯電話(ノブレス携帯)を手にしていた。咲と共に日本に帰国した滝沢は直ちに自分が何者かを探り始める。現状と将来に悩んでいた咲は、滝沢に振り回されながらも次第に心惹かれるようになる。

戦場のヴァルキュリア

2009年4月よりTOKYO MXほか独立UHF局を中心に放送された。ハイビジョン制作。全26話。製作はアニプレックス。物語の設定面ではドラマにおけるリアリティを出すため、柔軟に対応している。
DVDには映像特典として、SDキャラとなったメインキャラクターたちの私生活を描くミニアニメ『戦ヴァル劇場』が追加されている。

ストーリー

ガリア公国義勇軍第3中隊がマクシミリアンを打ち倒すまでを描いている。
征暦1935年。専制君主国家・東ヨーロッパ帝国連合(通称「帝国」)と共和制連邦国家・大西洋連邦機構(通称「連邦」)との間で始まった第二次ヨーロッパ大戦は、両国に挟まれた武装中立国である小国・ガリア公国へ飛び火した。帝国は燃料や兵器、治療目的で使われる鉱物資源・ラグナイトを大量に手に入れ、それによって連邦との戦争を優位に進めることを目的とし、ラグナイトを豊富に産出するガリア公国への侵攻を開始する。

詳しくはこちら

化物語

西尾維新アニメプロジェクトの第1弾として企画され、2009年7月よりUHF系ほかMBS、BSジャパン、AT-Xにて放送。BSジャパンでのUHFアニメの放送は『かんなぎ』以来2回目となり、これ以降はなく、続編作品である『偽物語』のBS放送局もBS11に変更されている。ハイビジョン制作。全15話。

ストーリー

高校3年生の少年・阿良々木暦は、文化祭の準備をしていた5月のある日、ひょんな事から2年間ろくに会話すらしたことがない病弱なクラスメイト・戦場ヶ原ひたぎの秘密を知ってしまう。なんと彼女には、およそ体重と呼べるものがほとんど無かったのである。
暦は秘密を知った日の放課後、ひたぎから秘密をばらさないようにと執拗な脅しを受けるが、それにもめげず彼女の秘密に対する協力を申し出る。彼女によると、2年前に1匹の不思議な蟹に出会い、重さを根こそぎ持っていかれたのだと言う。
実は暦もひたぎと同じような奇妙な体験をしており、その時に忍野メメという怪異に詳しい男の力を借りたのだった。暦とひたぎはメメに相談するため、彼の住む学習塾跡の廃墟ビルに向かう。メメによるとひたぎの体重を奪った蟹もやはり「怪異」であるという。ひたぎはメメの力を借り、自分の体重を奪った怪異と再会するのだが、それには彼女自身が封じたある過去の秘密が関係していたのだった。

鋼殻のレギオス

1 2 3