1. まとめトップ

【閲覧注意】壮絶なLINEいじめ エスカレートしていく大人からは見えないいじめ

【閲覧注意】不愉快な画像・表現が続きます。最近ニュースなどで取り上げられ、徐々に実態が明らかになってきた中高生のLINEいじめ。

更新日: 2014年09月27日

8 お気に入り 337249 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

便利なコミュニケーション・アプリ「LINE」。LINEのユーザー数は、世界で3億人を突破。日本国内でも4900万人超が愛用している。

中高生を中心に、多くの子供たちがスマートフォンを持ち、気軽なコミュニケーション・ツールとしてLINEが使われるようになった。その一方で、グループトークなどの「既読スルー」きっかけにしたいじめやネット依存、掲示板などを通じて知らない人と出会ってトラブルに巻き込まれる事件なども報じられている。

「LINEいじめ」。ただでさえ事実を把握しにくい「いじめ」が、ソーシャルメディアによってさらに陰湿に子どもたちを追い詰める。

今や「不夜城」と化したソーシャルメディアから、子どもたちを守るにはどうしたらいいのか。

「既読無視すんじゃねーよ」LINEいじめのリアル(?)が覗ける衝撃的なサイトが話題に

LINEのトークのような画面に学生のたわいもない会話が繰り広げられます。

徐々に雰囲気が変わっていき...

実はこれ、いじめ防止啓発の目的で作られたサイトとのことです。トーク自体も架空のものですが、その臨場感から本当のいじめ現場を見ているような気分に。

「デマを拡散することに繋がる」と賛否両論があるようですが、良くも悪くもスマートフォン自体のコミュニケーションについて考えさせられる衝撃的なサイトです。

あなたはLINEいじめやこのサイトについて、どう思いますか?

でも実際LINEを使ったいじめは増えています。

山形県鶴岡市の市立中学野球部で、複数の部員が1人の服を脱がせて携帯電話のカメラで撮影した画像をLINEに掲載するいじめが発覚した。

九州地方の県立高校では昨年12月以降、女子生徒の間でLINEによる中傷を繰り返す中で、書き込みがエスカレートし、「妊娠した」と嘘を書かれた生徒が退学する事態に発展した。

自殺した橿原市の女子生徒の友人によると、女子生徒は無視されたグループから「KY(空気が読めない)でうざい」と言われていたという。女子生徒は「私、彼女たちに何かしたんかな」と外された理由が分からず悩んでいた。

「ある高校の修学旅行で女子生徒が隠れてたばこを吸っているところを男子生徒に見つかってしまい、『バラされたくなかったら女風呂の写真を撮ってこい』と脅された。隠し撮りした画像はLINE上に出回ってしまい、男子生徒は退学に、女子生徒は不登校になってしまいました」

山陰地方のある中学校では今年初め、男子生徒が女子生徒の顔写真に自分の裸を合成してLINEで公開。女子生徒はショックで一時不登校になってしまったという。

家にスマホを置いたままバイトに行ってしまい、その間に友達がLINEで会話を始めた。
「返事がない」「死んだんじゃないの?」「死んだんだ、花でも供えてやろう」
帰宅して、慌てて連絡をとったが、一斉に無視された。翌日、学校に行くと机の上に白い花が置かれてあった。

「既読無視をしたつもりはないんですけど、ある人のメッセージを返してなくて、
朝起きると未読が100件ぐらい、悪口とかが書いてあって。
『死ね』とか」

「死ね」「殺すぞ」。複数の人と同時にやり取りができる
「グループトーク」という機能を使ったいじめ。
およそ20人から心ない言葉を浴びせられ、
中には面識のない生徒もいたといいます。
その後、LINE上だけでなく、学校でも無視されるようになり、
さらにLINEいじめはエスカレートしていきました。

1 2