「アーリーアダプター」と「アーリーマジョリティ」の間には大きな深い溝(「キャズム」)があるとされている

出典イノベーター理論とキャズム理論|ブログ|税理士吉田久子事務所

それを超えるかどうかがその商品がヒットしたかどうかの判断になる。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

マーケティング担当者でなくとも知っておきたい「イノベーター理論」とは?

マーケティング戦略のひとつとして取り上げられることの多い「イノベーター理論」(Diffusion of Innovations)という用語。マーケティング担当者でなくとも、ビジネスパーソンとしては一般常識として知っておきたい必須の知識のひとつです。

このまとめを見る