「イノベーター」と「アーリーアダプター」を合わせた層に普及した段階(普及率16%超)で、新技術や新流行は急激に拡がっていく

出典情報システム用語事典:キャズム(きゃずむ) - ITmedia エンタープライズ

「イノベーター」と「アーリーアダプター」にアピールすることが新製品普及のポイントであるとされる。また、ロジャースは、「普及率16%」をクリティカルマス(急激に市場が拡大する分岐点)とし、他の消費者への影響力が大きい「アーリーアダプター」こそが商品普及の鍵を握ると主張した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

マーケティング担当者でなくとも知っておきたい「イノベーター理論」とは?

マーケティング戦略のひとつとして取り上げられることの多い「イノベーター理論」(Diffusion of Innovations)という用語。マーケティング担当者でなくとも、ビジネスパーソンとしては一般常識として知っておきたい必須の知識のひとつです。

このまとめを見る