【エベレット・M・ロジャース教授による消費者の分類】

◆イノベーター(Innovators:革新者)
新しいものを進んで採用するグループ。彼らは、社会の価値が自分の価値観と相容れないものと考えている。全体の2.5%

◆アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者)
社会と価値観を共有しているものの、流行には敏感で、自ら情報収集を行い判断するグループ。オピニオンリーダーとなって他のメンバーに大きな影響力を発揮することがある。全体の13.5%。

◆アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者)
ブリッジピープルとも呼ばれる。新しい様式の採用には比較的慎重なグループ。全体の34.0%。

◆レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者)
フォロワーズとも呼ばれる。新しい様式の採用には懐疑的で、周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする。全体の34.0%。

◆ラガード(Laggards:遅滞者)
最も保守的なグループ。世の中の動きに関心が薄く、流行が一般化するまで採用しない。全体の16.0%。中には、最後まで流行不採用を貫く者もいる。

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%81%E8%A1%8C

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

マーケティング担当者でなくとも知っておきたい「イノベーター理論」とは?

マーケティング戦略のひとつとして取り上げられることの多い「イノベーター理論」(Diffusion of Innovations)という用語。マーケティング担当者でなくとも、ビジネスパーソンとしては一般常識として知っておきたい必須の知識のひとつです。

このまとめを見る