出典 image.itmedia.co.jp

商品やサービスが普及するするかどうかの分かれ目となる「16%」の壁

当初、市場では大きな話題を集めても、「アーリーマジョリティ」の反響は思わしくないまま、時間だけが経過すると、メディアがその商品やサービスを取り上げなくなる。

世間の関心が低下すると販売低迷を招き、市場から撤退することになる。-この流れがキャズムに陥る典型的なパターンである。

この情報が含まれているまとめはこちら

マーケティング担当者でなくとも知っておきたい「イノベーター理論」とは?

マーケティング戦略のひとつとして取り上げられることの多い「イノベーター理論」(Diffusion of Innovations)という用語。マーケティング担当者でなくとも、ビジネスパーソンとしては一般常識として知っておきたい必須の知識のひとつです。

このまとめを見る