火噴煙が口からの高さが3000メートル程度だった場合、27日夕方にかけて長野県の中部や南部、岐阜県の一部、それに山梨県の一部などで火山灰が降る可能性があると予想しています。

出典御嶽山噴火 気象庁が降灰予報 NHKニュース

雲に遮られ噴煙の高さは現時点では不明とのこと

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【最新情報】御嶽山が噴火 被害情報・現地画像まとめ

11/20現在 死者56名、そのほか6人が安否不明、負傷者69人(重傷29人、軽傷40人)。年内の捜索は打ち切りとなりました。最新情報が入りましたら随時更新します

このまとめを見る