1人が噴火による熱風を吸い込んだことによる「熱傷死」で、ほかの46人はすべて、頭や首、背中などに噴石が直撃したことが原因とみられる「損傷死」だった

出典死因 「損傷死」46人 「熱傷死」1人 NHKニュース

たとえヘルメットをかぶっていても助からなかったと思うとコメントする医師もいる

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【最新情報】御嶽山が噴火 被害情報・現地画像まとめ

11/20現在 死者56名、そのほか6人が安否不明、負傷者69人(重傷29人、軽傷40人)。年内の捜索は打ち切りとなりました。最新情報が入りましたら随時更新します

このまとめを見る