1. まとめトップ

ニュース

合奏のテンポなぜ速く? 合わせる「努力」が原因 日経 nikkei.com/article/DGXLAS… 「走る」のはテンポの早いほうに対して優先的に修正するという、時間的に非対称なタイミング調節により起こる。Sci Rep原著↓ goo.gl/7WwxR9

リズムがとれるチンパンジー

チンパンジーは現代西洋音楽と太鼓が苦手

チンパンジーは西洋音楽よりも無音の状態を、また概してテンポの遅い音楽を好むことがわかっている。だが、最新の研究によると、彼らはアフリカやインドの音楽であれば積極的に楽しむようだ

アフリカやインドの民族音楽を流すと、チンパンジーはその音楽がよく聴こえるエリアで時間をすごす傾向があることがわかった。ところが、日本の和太鼓の音楽を流すと、彼らは音楽が聞こえにくい場所、あるいは聞こえない場所へ移動しようとした

実験に用いた和太鼓の音楽は、比較的単純で強いビートをもち、その点では西洋音楽とよく似ていた。これに対して、アフリカとインドの音楽は強弱のビートが複雑なパターンで混在しており、強いビートは比較的少なかった

「ポップス、ブルース、クラシックといった西洋音楽は、表層的にはそれぞれ違って聴こえるが、音楽的、音響的にはどれも同じパターンに従っている。つまり、何種類かの西洋音楽のみを用いて実験した過去の研究は、基本的には同じことを繰り返していただけなのだ」

リズムは音楽共通

ロック、カントリー、ジャズ、レゲエ。全く畑違いのように感じられるこれらはすべて、4つのビートが主体となっています。 ・ロックやジャズと同じリズムから成る「クンビア」 コレに加えて、南米コロンビア・マグダレナ川下流域からカリブ海沿岸地方に伝統的に伝わるリズムと舞曲「クンビア」もまた、同じリズムだというのだから、さらにビックリ。ちなみにこの4ビート、世界中のいたるところで見られる、極めてポピュラーなリズム

音楽と人間

音と色の共感覚 色聴

其感覚の中でも、音に色が見えるタイプは色聴(し
きちょう)と呼ばれる。色聴にも千差万別あり、 Nさ んはハ長調・ヘ短調といった音楽の調(長調12、短調 12の計24調)にはっきりと違った色を感じる。 0さん は色がグラデーションで変わって見える。 Aさんは視 野の外側で色がひっくり返るそうだ。音符1つ1つに 違う色が見える人も、和音に色が見える人も、リズム の違いで色が変わる人もいる。共通する特徴は、色と いっしょに好き嫌いや快/不快のような感情が伴うこ と

古代エジプト

1 2 3 4 5





石部統久@mototchen 1963 岡山県笠岡市出身玉島育ち岡山市在住の男 糖尿病、鬱病で服薬 後縦靭帯骨化症
https://mobile.twitter.com/mototchen