1. まとめトップ

【テラフォーマーズ】 キャラクター別手術ベース・能力一覧 【随時更新】

今話題の漫画!!!テラフォーマーズのキャラクター別能力一覧です。

更新日: 2014年09月29日

14 お気に入り 1204775 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

0susaki0さん

小町 小吉(こまち しょうきち)

1巻での主人公。日本出身。手術ベースはオオスズメバチ。屈強な体格と逆立たてた黒髪といういでたちの大柄な22歳の青年。15歳の時に奈々緒が義父から虐待を受けている現場に遭遇し、思わず殴り殺してしまい少年刑務所へ入所させられた。出所後、奈々緒の後を追いバグズ手術を受ける。気さくな性格で、バグズ2号の他の乗組員と積極的にコミュニケーションをとっていた。

手術ベースはオオスズメバチ

オオスズメバチの習性にならい非常に獰猛になり、両腕から生える毒針を使いテラフォーマーの集団を圧倒した。新たに誕生した「スキンヘッドのテラフォーマー」には劣勢を強いられたが、その力を脅威と認識され、辛くも一郎と共に生還する。

蛭間 一郎(ひるま いちろう)

日本出身。手術ベースはネムリユスリカ。肌が荒れ、醜い顔をした、ずんぐりとした体型の18歳の男性。一見、肥満体のようだが非常に屈強な肉体で、それに加えて強靭な精神力、優れた頭脳を持つ。11人兄弟の長男であり、年の離れた幼い弟妹(弟6人、妹4人)がいる。父の死後、家族を養うため、いじめも意に介さず苦学し大学に受かるものの、その矢先に担任教師によって女子生徒を妊娠させた事件のスケープゴートにされ、大学合格取り消しと退学処分を受けた。その後、実家を支えるためにバグズ計画に参加した。

手術ベースはネムリユスリカ

ネムリユスリカの能力により仮死状態になると急激な温度変化や放射線、真空状態にも耐えることを可能している。ウッドとともに本田博士と内通し、テラフォーマーの卵鞘を持ち帰ることを任務としていたが、卵鞘から孵った「スキンヘッドのテラフォーマー」により任務は頓挫。その圧倒的な戦闘力に苦戦するも、ティンとの連携により1体を殺害する。小吉と共に地球へ生還した。

秋田 奈々緒(あきた ななお)

日本出身。手術ベースはクモイトカイコガ。黒髪のロングヘアで前髪は眉の上で切り揃えている22歳の女性。小吉の幼馴染。義父から虐待や暴行を受けていたが、小吉に助けられる。義父の借金を返すためにバグズ計画に参加した。小学生の時のあだ名は「ゴリラ」。

手術ベースはクモイトカイコガ

クモイトカイコガは1000mの鋼鉄の糸を紡ぐ能力を持つが、火星に到着後に遭遇したテラフォーマーと会話をしようと不用意に近づいた際、能力を発揮する前に首を折られ後に死亡した。

ドナテロ・K・デイヴス

アメリカ出身で30歳の男性。手術ベースはパラポネラ。バグズ2号艦長。宇宙飛行士を目指していたが、母親から父親が過去にU-NASAに反逆して死刑になった事実を伝えられその道を閉ざされる。その後「参加すれば宇宙へ行ける」バグズ計画に志願した。乗組員全員の事情と能力を一応把握しており、乗組員の中で唯一、バグズ1号が知的生命体により攻撃を受けた可能性があることを伝えられていた。

手術ベースはパラポネラ

パラポネラの能力により、テラフォーマーの攻撃をものともしない頑強な身体とテラフォーマーの身体を素手で簡単に破壊できる程の怪力を発揮できるようになる。隊員達を逃すための囮となり、機内の酸素を遮断し艦内に侵入したテラフォーマーを全滅させることに成功するが、自身も酸欠状態となり倒れていた所を裏切ったウッドにより射殺された。

張 明明(チョウ ミンミン)

中国出身で27歳の女性。手術ベースはカマキリの一種。バグズ2号副艦長。デイヴス艦長にバグズ2号から車で脱出した後の指揮を任される。

手術ベースはカマキリの一種

腕がカマキリのような形状に変化し、その切れ味はテラフォーマーの身体を容易に切断できるほど鋭利である。

ティン

タイ出身。手術ベースはサバクトビバッタ。短髪で右目と鼻と左頬に切り傷がある21歳の男性。ミャンマー国境沿いにある山岳地帯出身。戸籍を持たず、乗組員で一番の貧乏人と称している。10歳の頃に人身売買に出された幼馴染の少女プロイを探すため、都会へ出てストリートチルドレンとして生きていたが、数年後、プロイは既に感染症により命を落としていたことを知る。

手術ベースはサバクトビバッタ

サバクトビバッタの脚力を生かしたムエタイを扱い、その蹴撃はテラフォーマーの体を切断するほどの威力を持つ。また、薬の連続投与によって翅を発現させ群生相へと変化し、更に獰猛さと脚力を増した状態となることができる。テラフォーマーとの最初の交戦を生還し、続く戦闘では大量の敵に囲まれ苦戦するものの、薬の連続投与によってこれを殲滅する。

ヴィクトリア・ウッド

南アフリカ出身。手術ベースはエメラルドゴキブリバチ。眉尻を細く整え、左の前髪を染色しているやや男性的な喋り方をする19歳の女性。13歳の頃に父親を感染症で亡くし、兄弟とともに親戚中をたらい回しにされ、貧しい暮らしをしていた。12歳の時に缶詰の蓋で施された女性器切除(FGM)を気にして売春を行わず、死体などを盗むことにより生活していた。

手術ベースはエメラルドゴキブリバチ

1 2 3 4