1. まとめトップ

韓国人に増える精神疾患「火病」その原因と症状とは?

韓国人と北朝鮮の朝鮮半島の特有の精神疾患「火病(鬱火病)」。その意味、原因と症状と治療方法とは?

更新日: 2015年01月29日

rainshineさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
38 お気に入り 436893 view
お気に入り追加

「火病」

日本語の表記としては、誤読によるものながら「ファビョン」が一般化しているが、「ファッピョン」がより現地音に近い。

火病(かびょう、ひびょう、ファッピョン、朝: 화병)もしくは鬱火病(うっかびょう、うつひびょう、ウラッピョン、朝: 울화병)は文化依存症候群(文化結合症候群)のうち、朝鮮民族特有の精神疾患と指摘されている病気である。

火病または鬱火病は、怒りの抑制を繰り返すことで、ストレス性障害を起こす精神疾患を指す。ヒステリーと類似した症状を発症する。

日本ではネットスラングとして使われる事が多い

「火病」「ファビョン」 とは、あまりに激しい怒りのために我を忘れ暴れまわったり、あるいは極度に興奮して呼吸困難にすらなっている状態のことです。また他人が顔を真っ赤にして怒っている (ように見える 書き込み) などを、侮蔑的にそうあらわす場合もあります。

こうした症状の命名された存在が知られ言葉が使われるようになると動詞化し、「ファビョる」「ファビョった」「ファビョるな」 などと使ったり、他人が怒っている状態を 「ファビョーン」 などと擬態語にしてレッテルを貼り揶揄したりします。

しかしこれは実際にある朝鮮半島特有の疾患

アメリカ精神科協会では、韓国と北朝鮮特有で朝鮮半島の風土病と考えられている。

米国の精神科協会は1996(平成8)年、この疾患を朝鮮民族の精神疾患として公認した。

特定の伝染病などを除けば、このような精神病がある民族だけに限定されると言う例は、世界でも「火病」以外存在しないのである。

どんな症状なのか?

症状としては、胸が苦しく、火傷をしたような痛みと共に、呼吸混乱、消化不良、手足の痺れなどが起こる。そして酷いときには死に致ることもあるとされる。

なお、火病というのは、朝鮮人に普遍的に見られるヒステリックに騒ぐことを言うのではなく、鬱屈した精神状態に至ることをいう。

韓国の火病は一言で言えば「極度に怒りを我慢して溜め込む事によって起こるストレス性の障害」である。この障害とは主に不眠症、拒食症の他、呼吸器官や性機能に不全を引き起こす事もある。

火病を持つ人の割合

韓国で書かれた文献によると、患者は社会階層の低い中年女性に多いという。韓国で41歳から65歳までの女性2807人を調査したところ、ファビョンの有病率は4.95%であり、特に社会経済的に低い階層の人、地方在住者、離婚もしくは別居している人、喫煙者、飲酒者で高率だったという。

また、韓国系アメリカ人109人の調査では、12%が自分はファビョンにかかったことがあると回答したという。

かつては患者の80%が女性だったが、近年は男性の患者も増加傾向にある。2012年現在、韓国の小・中・高校生648万人のうち105万人(16.2%)は、うつ病の兆候や暴力的な傾向を示す「要関心群」で、そのうち22万人は、すぐに専門家の診断や治療を受けるべき「要注意群」であることが分かっている。

韓国の研究チームによれば人格障害の割合は先進国で11~18%なのに対し、韓国では国民の71.2%が1種類以上の人格障害を持っているとのこと。

「火病」その原因は?

まず原因として朝鮮人の精神が原因の一つと考える説では、長年、支那の圧政に苦しまされて来た奴隷の歴史から、朝鮮人には強いストレスが蓄積し、それが病気となり遺伝子に刻み込まれ、後世へと伝えられたとする。

実際の研究として、西洋人にはなく、南鮮人の統合失調症(精神分裂病)患者にのみ、カテコール-O-メチル基転移酵素(COMT)遺伝子に変異が見られる、などの研究もある。

まず、この精神病を詳しく見ると第一段階として「ストレスの蓄積」がある。過去、朝鮮は初期新羅王朝の数年を除けば、最初から最後まで殆ど中華帝国の属国であったと言っていいだろう。 この中華帝国の「千年属国」であった時期の朝鮮の状態は、我々日本人の想像を絶するものであった。

歴史的見地に立てば明らかに朝鮮民族は発散することが出来ないストレスを千年以上に渡って蓄積したと言えるだろう。

「世界で最も優秀な民族」であるとか、「一度も他国を侵略したことのない平和民族」、「5000年間独立を保った誇らしい文化大国」などの大嘘を乳幼児の頃から教育されているので、成人して多くのことを知った時に心の支えにしていた自尊心が瓦解し、現実世界を相手に葛藤することになる。

そして現実を認めることができない場合、自我が崩壊するのである。

食生活説では、キムチ、より正確には唐辛子の辛味成分であるカプサイシンの脳への悪影響である。カプサイシンの辛味は、身体的には味覚ではなく痛覚であり、痛みは脳にとってストレスである。

摂り過ぎは必然的に強いストレスとなり身体に蓄積し、やがて身体に異変をもたらすと考えられる。

1 2





動物、自然、音楽、雑学、海外ゴシップ、海外ニュースなど
世界のすごい事、びっくり仰天な事、どうでもいいけどちょっとためになる事などをまとめてます。