1. まとめトップ

【劇団四季】主要な猫の名前と特徴まとめ【キャッツ】

2015年からはアラジンも始まると話題の劇団四季のキャッツの公演を始めて見てきました。素晴らしいミュージカルに感動した後、配られていたキャストの紙を見て愕然としました。ね、猫の名前を覚えてない、だ、と。出演者名を知りたくても誰が誰かわからない・・・っ! というわけで、主要な猫達の名前一覧です。

更新日: 2014年10月02日

28 お気に入り 171323 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shiraume000さん

グリザベラ

ぼろぼろのコートを着た
他の猫達に見下された元娼婦の猫

かつては魅力的な娼婦猫だったが今や美貌を失い、ただ受け入れられることのみを望んでいる猫。キャッツのテーマ曲でもあるメモリーを歌い上げる

オールドデュトロノミー

ジェリクルキャッツの愛すべき長老。長いふさふさした灰色の毛皮を持つ。長い時を生き続けており、看取った妻は99匹とも噂される。舞踏会の最後に、天上に昇る一匹のジェリクルを選ぶ。

マンカストラップ

リーダー的な猫としてほぼすべてのシーンに登場
舞台と客席をつなぐ進行役

アメリカンショートヘアのような黒と銀の縞のあるオス猫。ジェリクルキャッツのリーダーにして守護者。"The Pekes and the Pollicles"でナレーターも勤める。ジェリクルキャッツの語り部と考えられており、舞台と観客を繋ぐ狂言回しのような役割も担う。

ラム・タム・タガー

天邪鬼で自由奔放
時には客席の女性を連れ去ることも

ザ・ラム・タム・タガー(The Rum Tum Tugger)。わがままで天邪鬼な性格だが、メス猫たちにとってはセクシーで魅力的な存在。誰の言うことも聞かないが、オールド・デュトロノミーやミストフェリーズには一目置いている様子で、彼らのナンバーも歌う。通常、ミック・ジャガーをイメージした猫として演出される。野生的なタテガミがある黒い衣裳が印象的。

ミストフェリーズ

「最高の天才児」「グレイトマジシャン」
と讃えられるタキシードを着たマジシャン猫

魔術師ミスター・ミストフェリーズ(The Magical Mr. Mistoffelees)。若いオスの黒猫。閃光を伴う爆発を生じさせたりする魔術を使う(映像版では手から稲妻を放出する)。ミストフェリーズの代名詞ともいえるダンスは、「魔法のターン("The Conjuring Turn")」とも呼ばれる、約25回の片足連続回転(フェッテ)である。ミストフェリーズのナンバーより前も、少し異なる衣裳で舞台にずっと登場している。ほとんどの公演版で、その姿の時はクァクソー(Quaxo)という名がついている。

マキャヴィティー

神出鬼没で会場のあちこちから現れる犯罪王

劇中に登場する猫の中で唯一、本当の悪人。赤っぽいぼさぼさの長い毛並。警察を欺き、犬をも引き裂く犯罪王。シャーロック・ホームズのモリアーティ教授をイメージした猫だとされる。第二幕でオールド・デュトロノミーを誘拐し、さらにディミータの誘拐も試みている。

スキンブルシャンクス

黒い帽子とベストを着た夜行列車の車掌

鉄道猫("The railway cat")。活動的な黄土色と茶色の縞猫。ナンバー中はベストを身に着ける。夜行列車の非公式の車掌として活躍している。

アスパラガス  グロールタイガー

芝居を愛し劇場に住み着いた元二枚目俳優
海賊グロールタイガーを演じる

劇場猫(the Theatrical Cat)ガス(Gus)。「ガス~劇場猫」のナンバーでは年寄り猫とグロールタイガー、それ以外では少し若い姿でコーラスに参加している。映像版ではガスとアスパラガスは別の猫(俳優も異なる)。各種公演版で、ガスを演じる役者がバストファー・ジョーンズを演じる。

子分たちに恐れられる隻眼の海賊
グリドルボーンに一目惚れする

劇場猫ガスが若かりし頃に演じた役であり、劇中劇"Growltiger's Last Stand"でガスが演じる役。邪悪な海賊として、あるいは海賊を風刺するコミカルな役として演出される。一部の公演版では、ナンバー自体がカットされ登場しない。

ジェリーロラム グリドルボーン

年老いた劇場猫のアスパラガスによりそっている若いメス猫

クリーム色のメス猫。エリオットの作品に登場する猫の名前にちなんで名づけられている。ジェニエニドッツと共に子猫の面倒を見ている。ガスと親密。

出典ameblo.jp

真っ白な衣装の悪女猫
グロールタイガーを誘惑する

1 2