1. まとめトップ

芸能美女 頑張ったから生き残れる!【常盤貴子・重盛さと美・中村アン】追加

#北川景子#松嶋菜々子#綾瀬はるか#中山美穂#田中みな実#篠原涼子#藤原紀香#小池栄子

更新日: 2017年11月15日

1 お気に入り 28356 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiko30さん

セクハラ編

下品なコーナーもノリノリでこなしていたが、最終回のエンディングでは、『もうバラエティに出ることはない』ときっぱり

悲鳴を上げる重盛。股間に顔を埋められ必死で抵抗するもむなしく、最後までされるがままだった。

光浦靖子に「恥ずかし固め」を受けた。「恥ずかし固め」とは、相手の股関節を大きく開脚させる技。小池が頭を下にした状態で限界寸前まで股を広げられる

「小池栄子には、他にも映画『模倣犯』で、“登場してからわずか3分で、車の助手席での絡み中に殺される”という黒歴史もあります」(映画関係者)

1994年小室哲哉プロデュースによる「恋しさと せつなさと 心強さと」(長編アニメーション『ストリートファイターII MOVIE』主題歌)を発表、2年越しのロングヒットで売上220万枚

出典http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%A0%E5%8E%9F%E6%B6%BC%E5%AD%90

“アホの坂田の股間握り”だ。藤原に目隠しをさせ、手で触ったものは何かを答えさせるコーナーで「えっ、何だろう‥‥?」と、何も知らず、さんざん坂田の股間をまさぐった藤原。

下積み編

行きずりの男とホテルで情事を終えたあとから始まる冒頭シーンで、田中アナが純白のブラジャーを身につける。

「オナラじゃないのよ、空気が入っただけ。ブブブーッ!!」

 と、お下劣なセリフを連発。その後ブレイクした彼女に、当時の話をするのはもちろんご法度である。

業を煮やしたホリプロが、「痩せなければアイドル引退」という条件で番組に出演させたところ、目標体重を1.2キロもオーバーで失敗。

朝はこんにゃく、夜はサプリを溶かしたドリンクだけという超過酷な生活で、52キロまで落とすことに成功。引退を免れました

「銀座の水商売で繰り広げられる女の戦いの物語で、濡れ場のオンパレード。桐谷がチンピラに押し倒されるシーンでは、引き裂かれたキャミソールから上乳があらわに。そのまま荒々しくもみしだかれ苦悶の表情を浮かべていました」

下着、半ケツは当たり前で、乳首にニプレスを貼って下着を脱ぐなど、その演出はまだ放送倫理がおおらかだった時代ならではのもの。再放送時にはヤバイシーンが根こそぎカット

1 2