1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「マッサン」の玉山鉄二も痩せた!過酷な朝ドラ収録の裏側とは?

NHK連続テレビ小説「マッサン」は玉山鉄二さんとシャーロット・ケイト・フォックスさんのW主演。玉山鉄二さんも12キロ体重が減った過酷な朝ドラ撮影の裏側とは?「梅ちゃん先生」の堀北真希さんや「純と愛」の夏菜さんは体調を崩していた。

更新日: 2014年12月26日

69 お気に入り 544767 view
お気に入り追加

■「マッサン」収録で体重が12キロ減の玉山鉄二さん

鶴政孝氏と妻の英国人リタさん(ともに故人)がモデルで、朝ドラ史上初の外国人ヒロインという異色作。主人公夫婦を演じる米女優シャーロット・ケイト・フォックス(29)と俳優・玉山鉄二(34)が意気込みを語った。

ハードな収録で体重も74キロから12キロほど落ちたが「責任感はありますけど、それにお応えするのが宿命」。

■ハードな朝ドラ収録とは

・台本はセリフも多く民放ドラマの4倍以上の量

民放ドラマなら、1話約46分で3カ月13回放送したとして約10時間。一方で朝ドラは、1日15分だが週6回で90分、半年間全156話で約39時間。民放ドラマの4倍近い放送時間だ。

朝ドラの台本は1か月で4~5冊、半年の放送期間で30冊ほどの台本を覚えなければならず

16才のシーンを撮った直後に、22才のシーンを撮影したりとか、時系列を行き来することも多いんです。“この後、何才のシーンだっけ?”みたいに混乱することもたびたび

・深夜までの収録、過酷な一週間スケジュール

収録は、スタジオに缶詰め状態で、朝9時にスタートして、深夜0時を超えることもよくあります。15時間前後の収録が8か月間も続く

毎日NHKに通い、月曜には必死にセリフを覚えてリハーサルを行い、火・水・木・金に撮影。

土日にはロケがあったり、番組宣伝の取材やイベント参加があったりで、ほぼ休みがない状態

・忙しい中、恒例のイベントや番組PRに参加

NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロイン・め以子を演じる女優の杏が3日、大阪府寝屋川市の成田山不動尊で行われた節分祭の豆まき式に参加した。

2月の豆まきは毎年あります。

朝ドラ カーネーションの出演者が参加した「カーネーションファンミーティング」が大阪で2月5日開催。

ファンミーティングや舞台となる街での一般参加の「スタジオパーク」などの公開録画または生放送は必ずあります。

これまで歴代のNHK朝ドラ出演者も終わる頃には燃え尽きてしまうほど消耗するらしいです。

朝ドラは家族のシーンが多く共演の俳優さんも忙しい

▼ほとんどのヒロインが体調を壊す

本仮屋ユイカさんは、「精神的につらく、ご飯がのどを通らなかったことも。でも、歴代のヒロインで倒れなかったのは石原さとみさんだけだと聞いていたので、私も絶対に倒れちゃいけないと頑張りました!!」と万感の思いで振り返った

朝ドラ「ファイト」放送当時、歴代ヒロインで倒れていないのは石原さとみさんだけだった。

・「梅ちゃん先生」の堀北真希さんは欝気味に

あまりに過酷な生活の連続に、堀北のストレスはやがて限界に達する。収録も折り返し点を過ぎた4月ごろからは、周囲の目にも“異変”が明らかになっていった。

仲のよかった共演者ともあまり話をしなくなり、撮影の合間にも、人の輪に入らずに1人で休んでいることが多くなっていったんです

堀北の発言を受け、松坂は約10ヶ月間の撮影期間について「半年から8ヶ月ぐらいは挨拶しかしていないですね」

朝ドラで夫婦役で共演した2人は、ほとんど話はせず。

1 2





何故だろうさん

イケメンと美女を中心に、お役に立つ雑学と疑問に思っている事をまとめています。